新型コロナウイルスの被害を受けた生産者支援! 「ファクトリエ マルシェ」を開始

日本の語れるものだけを販売する工場直結ブランド「ファクトリエ」は、自然栽培有機農業に携わる吉本法史氏と共同で、新型コロナウイルスにより間接的に被害を受けている九州の自然栽培の農家・自然放牧の酪農家を食べて支援する新プロジェクト「ファクトリエ マルシェ」を3月20日にスタートさせた。旬の野菜やネットにない商品を販売し、月に1回は農場・牧場からの生配信も行われる。


こだわりの商品という共通点からプロジェクトを開始


全国小・中高校の臨時休校方針で学校給食が停止したことで、納入予定の野菜や牛乳が安く市場に流れ、全体の市場価格が下がっていることから、生産コストが高く、価格をあまり下げられない自然栽培の農家や自然放牧の酪農家は、出荷数の減少に悩まされている。

さらに外食・ホテル産業などが打撃を受けたことで、こだわりの食材を仕入れる企業がより少なくなっているのが現状だ。

そこで、業種は違えどこだわりの語れる商品だけを扱うファクトリエとして、何かできないかと考えた結果、この新プロジェクト開始することとなった。

「ファクトリエ マルシェ」で生産者と消費者を繋ぐ


同プロジェクトの柱は大きく分けて3つ。

1.旬の詰め合わせ「九州うまかもんセット」の販売


自然栽培・自然放牧にこだわった生産をしている、農家・酪農家の美味しい野菜やミルクなどのセットを販売。
<3月のセット内容(※予定)>
・自然栽培農家「たかちゃん農園」の野菜セット
・価格:3,300円(税込、送料込)
・セット内容: ライブ配信にて決定
※1日上限15セット。ライブ配信後 5日間限定販売。


2.加工食品の販売


こだわり生産の農家・酪農家の加工食品を販売。店舗では試食も用意される。
< 取扱商品(※24日から開始予定)>
・苺100%の「苺ジャム」 (イシダファーム/福岡県産)
・無農薬「蜂蜜 」 (わかまつ農園/福岡県産)
※変更、追加の可能性あり


3.農家・酪農家と繋がる! 現地から生中継&ライブ配信


月に1回程度、吉本氏が訪れている農家・酪農家と店舗を繋ぎ、来店者はその生産者の商品を食べながら話を聞くことができる。またその模様はライブでも配信される。

さらに、新型コロナで打撃を受けている農家・酪農家を食べて支援するだけでなく、彼らと消費者をつなぎ、本当にこだわりの生産を知ってもらうきっかけの創出も担う。


【第1回 ライブ配信】
日時:3月20日(金)12:00~13:00 (於)ファクトリエ銀座店
中継先:自然栽培野菜農家「たかちゃん農園」(熊本県玉名市)
配信先:Instagram ファクトリエ公式アカウント
https://www.instagram.com/factelier/ 

「ファクトリエ マルシェ」購入方法

3月末まではファクトリエオンラインストアのイベントページから購入することができる。今後は特設サイトの「ファクトリエ マルシェ」から購入ができるようになるという。

決済方法


クレジットカード、または銀行振り込み

発送方法


1. クール便で農家・酪農家から直送
2.ご注文内容に応じて、個別に宅配便・クール便で発送


ファクトリエ
https://factelier.com/
ファクトリエ イベントページ
https://factelier.com/products/event/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。