農家の直販を応援する「FARMERS FUN! 」プロジェクトが吉祥寺でスタート 第1弾は雲仙島原の湧き水米

株式会社ファーマーズバーベキューは、8月8日より、ファンづくりに挑戦する農家を応援するプロジェクト「FARMERS FUN! 」をスタートする。ファーマーズバーベキュー吉祥寺店にて、雲仙島原の米農家、宮崎さんの湧き水米を使った土鍋ご飯の提供をする。


ファーマーズバーベキューとは、「生産者と生活者をつなぐこと」がテーマのバーベキュー会場。
生産者指定食材だけを使用したバーベキューメニューを提供することが特徴であり、その食材のクオリティはミシュラン星付きレストランなどの一流レストランも認めるほどだ。

そんなファーマーズバーベキューに、ある日一通のメッセージが届く。


「島原のおじいちゃんちでつくるお米を、もっと売りたいんです!」

それは、長崎県島原市の米農家の孫娘、梨奈さんからのものだった。
梨奈さんによると、山のめぐみたっぷりの棚田でこだわりのお米を育てていても、農業自体が赤字とのこと。島原内で直販されているお米は卸価格(1kg290円ほど)で売ることが当たり前になっており、その流れを変えられずにいるのだとか。

そんな相談を受けて、ファーマーズバーベキュー吉祥寺店にて、東京でのファンづくりに挑戦することに。来場者の胃袋を掴みながら、おいしいお米が収穫されるまでストーリーを伝え、直接買うファンを増やすことが狙いだ。


お米を育てている場所である長崎県島原市は、かつて噴火したこともある雲仙普賢岳の麓で、美味しい湧き水を使って丁寧に育てている。米の品種はコシヒカリ・ひとめぼれに次いで人気のある「ひのひかり」。
コシヒカリと黄金晴のいいとこ取りで、味・粘り・香り共にバランスが良く、ふんわりとしたお米元来の風味を楽しめるお米だが、中でもこの湧き水米の特徴は、「口に入れたときのモッチリ感」と、「その後に広がる甘みの強さ」だ。冷めても美味しいと評価され、おかずを上手に引き立ててくれる優しい口当たりを楽しめる。


お米を育てるこだわりは大きく3つに分けられる。

一つ目はお米の甘さを引き出すために「寒暖差をつくっていること」。
山間の冷たい湧き水をあえて気温の下がる夜に引いておくことで田んぼを一気に冷やし、昼は太陽の力で水温が上がるようにしている。この作業を毎日繰り返し行うことで、甘みの引き立つお米ができる。

二つ目は田んぼの場所を「山の麓」にしていること。段々になっているため、山に近いほど綺麗な水を田んぼに入れることができ、海岸近くよりも山間のほうがより美味しいお米になるといわれている。

三つ目はお米を育てるための水を100%「湧き水」にしていること。島原の湧き水は名水百選にも選ばれており、炭酸ガスとミネラルを多く含んでいる。美味しい水が、ふっくらしたツヤのあるお米を育てている。

以下は、宮崎一家の梨奈さんからのメッセージ。


山の大地と美しい湧き水に恵まれ、愛情たっぷりの育てたこの湧き水米。ぜひ味わってみて。

【店舗情報】
『FARMERS BBQ 吉祥寺店(ファーマーズバーベキュー キチジョウジテン)』
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-3-1 東急百貨店吉祥寺店屋上
営業時間:10:00~13:00、14:00~17:00、18:00~21:00
定休日:なし ※雨天、中止の場合あり
席数:80席(1テーブル8席×10組)
料金:大人(中学生以上)税込4,501円/4歳~小学生 税込1,501円/3歳以下 無料


<参考URL>
FARMERS BBQ公式サイト
FARMS FUN! プロジェクトページ
宮崎一家の雲仙島原 湧き水米通販サイト
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。