農家の直販を応援する「FARMERS FUN! 」プロジェクトが吉祥寺でスタート 第1弾は雲仙島原の湧き水米

株式会社ファーマーズバーベキューは、8月8日より、ファンづくりに挑戦する農家を応援するプロジェクト「FARMERS FUN! 」をスタートする。ファーマーズバーベキュー吉祥寺店にて、雲仙島原の米農家、宮崎さんの湧き水米を使った土鍋ご飯の提供をする。


ファーマーズバーベキューとは、「生産者と生活者をつなぐこと」がテーマのバーベキュー会場。
生産者指定食材だけを使用したバーベキューメニューを提供することが特徴であり、その食材のクオリティはミシュラン星付きレストランなどの一流レストランも認めるほどだ。

そんなファーマーズバーベキューに、ある日一通のメッセージが届く。


「島原のおじいちゃんちでつくるお米を、もっと売りたいんです!」

それは、長崎県島原市の米農家の孫娘、梨奈さんからのものだった。
梨奈さんによると、山のめぐみたっぷりの棚田でこだわりのお米を育てていても、農業自体が赤字とのこと。島原内で直販されているお米は卸価格(1kg290円ほど)で売ることが当たり前になっており、その流れを変えられずにいるのだとか。

そんな相談を受けて、ファーマーズバーベキュー吉祥寺店にて、東京でのファンづくりに挑戦することに。来場者の胃袋を掴みながら、おいしいお米が収穫されるまでストーリーを伝え、直接買うファンを増やすことが狙いだ。


お米を育てている場所である長崎県島原市は、かつて噴火したこともある雲仙普賢岳の麓で、美味しい湧き水を使って丁寧に育てている。米の品種はコシヒカリ・ひとめぼれに次いで人気のある「ひのひかり」。
コシヒカリと黄金晴のいいとこ取りで、味・粘り・香り共にバランスが良く、ふんわりとしたお米元来の風味を楽しめるお米だが、中でもこの湧き水米の特徴は、「口に入れたときのモッチリ感」と、「その後に広がる甘みの強さ」だ。冷めても美味しいと評価され、おかずを上手に引き立ててくれる優しい口当たりを楽しめる。


お米を育てるこだわりは大きく3つに分けられる。

一つ目はお米の甘さを引き出すために「寒暖差をつくっていること」。
山間の冷たい湧き水をあえて気温の下がる夜に引いておくことで田んぼを一気に冷やし、昼は太陽の力で水温が上がるようにしている。この作業を毎日繰り返し行うことで、甘みの引き立つお米ができる。

二つ目は田んぼの場所を「山の麓」にしていること。段々になっているため、山に近いほど綺麗な水を田んぼに入れることができ、海岸近くよりも山間のほうがより美味しいお米になるといわれている。

三つ目はお米を育てるための水を100%「湧き水」にしていること。島原の湧き水は名水百選にも選ばれており、炭酸ガスとミネラルを多く含んでいる。美味しい水が、ふっくらしたツヤのあるお米を育てている。

以下は、宮崎一家の梨奈さんからのメッセージ。


山の大地と美しい湧き水に恵まれ、愛情たっぷりの育てたこの湧き水米。ぜひ味わってみて。

【店舗情報】
『FARMERS BBQ 吉祥寺店(ファーマーズバーベキュー キチジョウジテン)』
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-3-1 東急百貨店吉祥寺店屋上
営業時間:10:00~13:00、14:00~17:00、18:00~21:00
定休日:なし ※雨天、中止の場合あり
席数:80席(1テーブル8席×10組)
料金:大人(中学生以上)税込4,501円/4歳~小学生 税込1,501円/3歳以下 無料


<参考URL>
FARMERS BBQ公式サイト
FARMS FUN! プロジェクトページ
宮崎一家の雲仙島原 湧き水米通販サイト
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  2. 奥部諒
    東京大学大学院 学際情報学府 修士1年の奥部諒(おくべ・りょう)です。大学院ではプレゼンテーションをテーマに研究を行い、その傍らプレゼンテーションのコーチ、プレゼン関連製品のアンバサダーなどをしています。2018年より大学院を1年休学し、語学学習と企業インターンを行うために日本を離れています。また、プレゼン以外にもドローンの一次産業利用についての調査も企業とともに行っています。現在非常に注目されているドローンについて世界各国の規制や認識を現地で収集できればと思っています!また、同時に各国のドローンと食の関連性についても同様にシェアできればと思います。
  3. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  4. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!
  5. 大橋博之
    おおはしひろゆき。インタビューライター・編集者・ディレクター。インタビュー専門で執筆。趣味は散歩・人物撮影。URLhttps://garamon.jp.org/Twitterhttps://twitter.com/garamonmini

RECOMMEND