GWにまだ間に合う! 農泊・農家民宿・農家民泊紹介サイト5選

もうすぐゴールデンウィーク。10連休ということで、普段のGWとは違った過ごし方をしてみたい! という方も多いのではないでしょうか?

SMART AGRI読者のみなさんのなかにも、自分で野菜などを作って自給自足の生活をしたり、いつか地方で農業に携わりたいと思っている、新規就農希望の方は多いと思います。とはいえ、実際に自分で農業を体験するとなると敷居も高いし、身近で農業体験できる機会もなかなかありませんよね。

そんな方にSMART AGRI編集部がおすすめしたいのが、農村に泊まる農家民宿農家民泊や、日帰りで気軽に参加できる農業体験プログラム。農村の暮らしを体験できるだけでなく、中には、収穫した野菜をその場で調理して食べたり、お土産として持って帰れるところも。農家の方とディープに触れ合えうこともできますし、逆に普通の旅行のなかで少し農業を体験したいというライトな希望にも応えてくれます。

今回は、そんな農業に直接ふれる体験ができる場所を簡単に探せるウェブサイトをご紹介します。

農家・農村に泊まって農業を体験する方法

はじめに、少しだけ用語を整理しておきましょう。

「農家・農村に泊まること」に関する言葉でちょっとわかりにくいのが次の3つ。それぞれ指すものが少しずつ違うので、気をつけながら宿泊先を探してみてください。

■農家民宿(のうかみんしゅく)

農家が経営する民宿のこと。旅館業法、食品衛生法などの届出がされている「宿泊施設」なので、旅館などに泊まるのと近い感覚で利用できる。

■農家民泊(のうかみんぱく)

農家が自宅などを提供して宿泊などのサービスを提供するもの。農家の方々とより近い距離でその暮らしを体験することができる。ホームステイに近い。

■農泊(のうはく)

農村地域の人々と交流し、その生活を体験する「農山漁村滞在型旅行」のこと。前述の農家民宿・農家民泊だけに限らず、一般の旅館やホテルなどに泊まる場合も含む。

※詳しくはこちら
SMART AGRI 用語辞典「な」で始まる用語

そのほか、宿泊を伴わない日帰りの農業体験プログラムを実施している農家や施設も多く、この記事ではそういった「体験のみ」を検索できるサイトも紹介していきます。

経験はないけれど、農業に興味があって新規就農を考えているという方も、まずは具体的にどんな農作業があるのか知り、体験することから始めてみるのがおすすめです。移住や就農につながる地元の農家さんとの出会いもあるかもしれません。

それでは、ここからはおすすめの検索サイトをその特徴とともに紹介していきます!

宿泊も体験もグルメも探せる「nohaku.net」


「nohaku.net」は、日本全国の農泊に取り組む地域とユーザーをつなぐ農泊のポータルサイト。

農家民宿・農家民泊や旅館の情報が掲載されている「泊まる」のカテゴリのほか、農業体験プログラムや地域の伝統文化を体験できるワークショップなどを集めた「楽しむ」、地域でとれた食材を使った料理が食べられる飲食店を紹介する「味わう」という、計3つのカテゴリーから欲しい情報を探すことができます。キーワード検索やエリア検索だけでなく、「ファミリーで楽しむ」「伝統文化」といった旅行の目的や観光地情報のタグでも検索が可能です。

実際に宿泊してみた感想をまとめた「農泊リポート」や、農泊が初めてという方向けに編集部厳選情報をお伝えする「おすすめ農泊コース」といった読み物も充実しているので、どんな体験ができるのかイメージしやすいのもうれしいポイント。

予約や問い合わせは、掲載されている各施設の連絡先へ直接電話かメールで行い、支払いは基本的に現地で、現金のみの取り扱いとなっています。


初めての農家民泊も安心「STAY JAPAN」


「STAY JAPAN」は農業だけでなく、民泊全般を扱うウェブサイトですが、ちょうど今はトップページに「特集:農泊/田舎体験」というボタンが設置されており、そこから日本全国のたくさんの農家民泊を見ることができます。

特徴は、とにかく1件ごとの情報量が多いこと。設備や備品についても細かく記載されており、写真も豊富なので、初めての方でも安心して予約できます。

宿泊の空き状況はカレンダーで確認できるので、空いている日程から探せるのもメリット。無料会員登録するとサイトから予約も行えます。支払いはクレジットカードのみのところが多くなっています。


日帰りで気軽に農業体験「TABICA」


「TABICA」は宿泊ではなく、さまざまな「体験」を検索・予約できるサイト。「自然体験」のカテゴリーを見てみると、野菜の収穫や、収穫した野菜を使った調理、田起こしや田植えなど、さまざまな農業体験プログラムが掲載されています。

特に関東圏の情報が充実しているので、東京から気軽に日帰りで参加できるプランも見つけることができます。

無料会員登録するとサイトから予約を行うことができ、支払いはクレジットカードか銀行振込から選択できます。


本格的な農作業を経験「全国農協観光協会」


JAグループの「全国農協観光協会」のウェブサイト。参加者募集中の企画の中から、「農業ボランティア」「田舎暮らし体験」「収穫体験・グリーンツーリズム」といったカテゴリーや、開催月、行先、泊数で参加したいプランを検索することができます。

中でも、繁忙期の農家さんをお手伝いする「農業ボランティア」は、新規就農をにらんでより本格的に農業を体験したいという方におすすめ。農作物の収穫だけでなく、チューリップの花摘みや柿の摘蕾など、一般的な農泊ではなかなかできない農作業を体験することができます。

掲載されているのは、宿泊と食事、農業体験がセットになったプランが中心。日程は日帰りから3泊程度まで、宿泊場所は地域にある旅館や民宿など。それぞれのプランごとに1日のスケジュールも詳しく記載されています。

申し込みはサイトから、または電話で行うことができ、サイトからの場合はクレジットカード決済のみとなっています。


子どもと一緒に農業体験「いこーよ」


子どもとのお出かけ情報に特化したウェブサイトが「いこーよ」です。「農業体験」のカテゴリを見てみると、野菜や果物の収穫体験、収穫した野菜を使ったバーベキュー、田植え体験など、子どもが楽しめる施設やプログラムが掲載されています。

駅からの距離、滞在時間、子どもの年齢など細かく条件指定して検索でき、体験記や口コミも充実しているので、何かと心配事の多い子ども連れのお出かけでも安心です。

基本的には施設情報の紹介のみで、予約が必要なプログラムについては外部リンクからの申し込みとなっています。


おわりに

以上、5つのサイトをご紹介しました。10連休、まだ予定の埋まっていない日がある方は、上記のサイトで近場の農業体験を検索してみてはいかがでしょうか。

また、時期によって収穫できる野菜や、体験できる農作業が変わってくるのも農業体験の面白いところ。GWだけでなく、季節ごとに「今はどんなことができるんだろう?」とページをのぞいてみるのも楽しいですよ。

サイトごとにそれぞれ特徴があるので、用途に合わせてぜひ活用してみてください!

<参考URL>
nohaku.net
STAY JAPAN
TABICA
全国農協観光協会
いこーよ

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。