【AGRI PICK連携企画】再生野菜「リボベジ」でエコな生活! 挑戦できる野菜はこんなにいろいろ

農業や自然のある暮らしをおしゃれに楽しむアイデアとアイテムをわかりやすくまとめ配信するウェブメディアが「AGRI PICK」です。農業用機械やファッションアイテム、ちょっと楽しい手作りアイデアまで、農業、家庭菜園、ガーデニングに役立つ幅広い情報をまとめています。

そんな「AGRI PICK」さんとの連携企画第4弾となる今回は、水に浸けて野菜の再収穫を楽しむ「リボーンベジタブル(再生野菜)」、略して「リボべジ」について教えていただきました!

AGRI PICK | 農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン


本来は捨ててしまうはずの野菜のヘタや、収穫したあとの豆苗。それを水に浸けておくと、また葉っぱがニョキニョキと伸びてきて収穫できるようになります。これが「リボベジ」。自由研究にもぴったりなリボベジのメリットや、リボベジできる野菜についてご紹介します!

リボべジとは?


「リボベジ」って何?

リボべジとは、水に浸けて野菜の再収穫を楽しむこと!「リボーンベジタブル(再生野菜)」の略です。

リボべジの魅力

1. 簡単! 水だけあればOK!!
リボベジは超簡単! 水に浸けておくだけで、ニョキニョキと野菜が伸びてきます。肥料も必要ありません。

2. 節約になる

リボベジの楽しさは、なんといっても野菜の収穫ができること! 捨ててしまうはずのヘタや、食べ終わったあとの豆苗を水に浸けておくだけで、数日後にはまた収穫が楽しめるんですよ。「食べられる再利用」なんです。

3. おしゃれなインテリアに
リボベジは、タダで手に入るグリーンインテリア! 飾っておくだけで癒やされます。緑のあるお部屋って素敵ですよね。リボベジは「観賞できる再利用」とも言えます。

リボべジできる野菜一覧


リボベジは、基本的に実ではなく「葉っぱ部分」を育てるものです。リボベジで育てられるニンジンやダイコンは、葉っぱの方が栄養価が高いと言われています。根菜類は観賞用にするのがおすすめ。

豆苗


リボベジ入門にぴったりな豆苗! 豆部分が付いた根っこ上をカットし、料理に使ったら、残りは平たい容器に水を張って浸けておきます。すぐに、おもしろいくらいニョキニョキ伸びてきます。ほぼ失敗しません。もっともおすすめのリボベジ野菜です。

キャベツ


芯の部分の再生が可能です。水に浸けておくと再び葉が生えてきます。土に挿すようにして植えればどんどん大きくなり、うまくいけば丸くなって一玉収穫できることもあるんですよ! ただ、ちょっと上級者向きの野菜です。

ブロッコリー


ブロッコリーの芯を水に浸けておくと、だんだん新しい葉っぱと、細い根っこが生えてきます。ただし、再収穫に挑戦するのは困難。観賞用として育てるのが良さそうです。

レタス


サラダに欠かせない野菜、レタス。キャベツと同じ要領で、芯から再生させます。再収穫できる量はあまり多くありませんが、野菜の高騰に備えてリボベジしておくと良いかも!?

玉ねぎ


芯を水に浸け、発根したら、赤玉土のような通気性のよい土に植え替えます。青い芽と共に根の部分も充実してくるので、その後は本植えをしましょう。芽の部分が折れてきたら収穫どきです。

ねぎ


根元から5cmくらい残ったネギの根っこが、水に浸かるようにしておきます。水を含ませたスポンジに挿しておけば、倒れにくいですよ。上の部分が伸びてきたら再収穫! 再生力が強く、失敗しにくいおすすめのリボベジ野菜です。

小松菜


根の部分3cmくらいを水に浸けておくと、新しい葉っぱが生えてきます。根っこが切り取られていても挑戦可能です。日当たりのよい場所に置き、水を交換してあげましょう。

水菜


根の部分から3cm上くらいでカットした水菜を水に浸け、日当たりのよい場所に置いておきます。水を交換するときには根元のぬめりを取りましょう。土に植え替えるとさらに旺盛に成長しますよ。

にんにく


料理で残った芯、ヘタから再生させます。水を含ませた赤玉土の上で発根させたら、土に植え替え、球根部分を収穫しましょう。

アボカド


アボカドの木を観葉植物として育てるのも人気です。食べた後の種を水に浸けておき、葉っぱが出てきたら土に植え替えてください。

青梗菜(チンゲンサイ)


料理で捨ててしまう根元部分を土に挿して、葉っぱを再生させます。2週間程度で新しい葉ができるので、花芽がつく前に収穫しましょう。

かぶ


葉っぱの部分を再生します。1.5cmくらいの厚みがあるかぶのヘタを用意し、水を張ったバットなどの平たい容器に浸けておきます。ヘタの上部は水に触れないようにしてください。

さつまいも


根菜のさつまいもは、観賞用向きです。さつまいもの端の部分をかぶと同じように水に浸けておくと、新しい葉っぱが生えてきます。

リボベジの本をチェック


やればやるほどハマッてしまう、楽しみながら節約もできるリボベジ。もっと詳しく知りたいなら、本で正しい知識を手に入れませんか?以下のようなリボベジ本が販売されていますよ!

『楽しく作る! おいしく食べる! はじめてのリボベジ&収穫野菜』
お手軽なレシピ紹介あり! 初めてリボベジに挑戦する方にもおすすめな本です。家庭で育てやすい実もの野菜の育て方もわかります。

・監修:岡井 路子
・出版社:日東書院本社
・発売日:2014/3/27
・本体価格:1100円

『皮から、茎から、根から、捨てずに再生栽培! 食べて、育てる しあわせ野菜レシピ』
定番のリボベジ野菜だけじゃない! ドライトマトから発芽させてトマトを収穫する方法や、ポップコーンの豆からコーンスプラウトを育てる方法など、驚きのアイディアが満載です。

・著者:大橋 明子
・出版社:集英社インターナショナル
・発売日:2016/6/24
・本体価格:1,400円

リボベジでおいしい節約生活!

1円もかからないリボベジは、とってもエコでリーズナブル! 収穫量はさほど多くありませんが、ちょっとした家計の足しにできます。ベランダがなくても、豆苗やかぶなら、室内で十分育てられますよ。観葉植物代わりにもおすすめです!

AGRI PICKでは、農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園に役立つ情報が毎日たくさん公開されています。まずはサイトの記事を覗いてみてください。あなたに合った素敵な記事がきっと見つかるはずです!

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。