「農×食」のバリューチェーン実現に向けた展示会「アグリ・ビジネス・ジャパン2018」開催

アグリ・ビジネス・ジャパン実行委員会は、9月26日(水)〜28日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「アグリ・ビジネス・ジャパン2018」(以下、ABJ2018)を開催する。


「ABJ2018」は、農業界と経済界の業種横断的な連携促進をテーマとした展示会。第3回となる今回は、2020年東京五輪の食材調達基準や農業就業人口の著しい減少傾向を契機に、「『農×食』バリューチェーンの実現」を目指す商談機会の提供を図る。

その一環として、実需者が多数来場するフードシステムソリューション2018など、フード業界専門展との同時開催を通じ、生産性・販売力の強化、高付加価値化、さらには輸出・海外展開をめざす農産物生産およびそれを促進する技術・資機材・サービスとビジネスモデルが一堂に会する展示会を目指す。

また、専門的な知見に基づくカンファレンスはもちろん、農業への新規参入を目論むフード業界や流通業界をはじめ、異業種企業と出展者のマッチング機会を併設することで、新たな情報交流・情報交換の機会を創出する。

イベント概要】
アグリ・ビジネス・ジャパン2018(Agri-Business Japan, ABJ)
テーマ:『農×食』バリューチェーンの実現
会期:2018年9月26日(水)~28日(金)
開場時間:10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東2ホール・会議棟
主催:アグリ・ビジネス・ジャパン実行委員会
入場料:2,000円(税込) ※招待券持参者・Web事前登録者は無料(同時開催展と無料相互入場可)

1.概要

前回から引き続き、外食・中食・給食事業者(学校・高齢者施設・病院・企業向け)、食品メーカーが3万名超来場する開催実績13回の『フード業界専門展』との同時開催。直販や事業連携をめざす農業法人、新規参入支援の関連企業など、ユニークな37社・団体が出展する。

毎回好評のカンファレンス・プログラムは、「『農×食』バリューチェーンの実現」をトピックに、IoTの導入から農業法人と異業種の連携をはじめ、成功する植物工場の秘訣や新たな農産物流通まで、気鋭の講師陣が来場。

2.出展者のラインアップ

農産物の生産から加工・物流まで、ユニークな展示内容となっており、GAP認証の農業法人や地域商社も、販路拡大をめざして参加する。

・安定供給の農業法人
・カット野菜/冷凍野菜
・農産加工品
・農業IoT/ICT
・食味計測アプリケーション
・青果配送サービス
・植物工場システム/導入コンサルティング
・大規模施設園芸システム
・都市型農業プロモーション
・農業参入支援...など

3.カンファレンス・プログラム

『ABJセミナー』は、ゲスト講師をホスト役の実行委員が迎える対談形式で構成。新進のアグリベンチャーから業界屈指の大手農業法人、さらには異業種が運営する植物工場の成功例まで、「『農×食』バリューチェーンの実現」で実績をあげている気鋭の講師陣。

最終日28日(金)の『シンポジウム』では、実行委員メンバー6名がパネリストとなり、ABJセミナー各セッションの議論をパネルディスカッションで集約する。

・フードバリューチェーンにおけるIoTの導入と出口戦略
デザイナーフーズ(株)丹羽真清氏/(株)ビビッドガーデン秋元里奈氏

・成長するアグリビジネスにおける連携戦略
こと京都(株)山田敏之氏/(株)舞台ファーム針生信夫氏

・植物工場ビジネスの成功者に聞く事業化の秘訣
(有)新日邦808FACTORY 甲斐剛氏

・変革が進む農産物流通とグローバルなビジネスモデル
(株)農業総合研究所 及川智正氏

・加工・業務用野菜の情報交換会セミナー
主催:野菜流通カット協議会(VeDiCA)

4.出展者プレゼンテーション

1社あたりの発表時間は10分、コメンテーターおよび聴講者との質疑応答10分で1セッション。

9月26日(水)12:00〜12:20 マクタアメニティ(株)
スマホ画像で野菜の食味判定、AIで瞬時に

9月26日(水)12:30〜12:50 やさいバス(株)
野菜でつながる”おいしい”物流サービス

9月27日(木)12:00〜12:20 (株)ハルカインターナショナル
キノコ菌床で砂漠緑地化ビジネスに挑む

9月27日(木)12:30〜12:50 (株)タカヒコアグロビジネス
「地熱(温泉)×農業」温泉パプリカ

9月28日(金)12:10〜12:30 (有)緑の里りょうくん
国産グレープフルーツの産地化について

9月28日(金)12:30〜12:50 ハウス食品グループ本社(株)
生で水さらしなしで辛くないタマネギ、スマイルボールのご紹介

5.『農×食』ビジネス相談コーナー

会場内において、農業界とフード業界の連携を第一線の実務者が具体的に支援する無料相談サービスを実施。豊富な経験をもつ実需企業のメンバーなどがコンサルタントとして参加する。(企画協力:一般社団法人食農共創プロデューサーズ)

・来場者向けサービス
主にフード業界からの来場者向けに、農業界の取引先紹介・新規参入などの相談を受け付ける。なお、個別の案件について、会期後のフォローアップをご希望の場合は、有償のご案内となることがあります。

・出展者向け(農業法人優先)サービス
出展者向けに、主に青果バイヤーおよび仕入・調達部門などへの商談アプローチについて、実需者の視点からマーケティング相談を受け付けます。その場限りの「形式的な商談」に終わらないために、農業生産者の課題と対応事例についてアドバイスします。

・担当コンサルタント紹介
食Proプロレベル取得者が相談に応じる。

高垣和郎氏(食品流通、経営コンサルタント)
地域商社「みえご縁市場」等を主宰し、出口(販路)の確保、生産者育成とそれを取り巻くネットワークの構築。農商工連携、地域資源活用、6次産業化などのキーワードでの生産者の皆様の伴走者として数多くの実績を挙げる。
食Proプロレベル取得。

宮崎秀和氏(経営コンサルタント)
全国商工会連合会「全国展開支援事業専門家」、(独)中小企業基盤整備機構関東本部にて地域資源活用プログラム・農商工等連携個別プロジェクトにあたり、中小企業者、農林漁業者などの支援をおこなう。
食Proプロレベル取得。

<参考URL>
アグリ・ビジネス・ジャパン2018
ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  2. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  3. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  4. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。
  5. 窪田新之助
    くぼたしんのすけ。農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。 2015年11月に発表される「農業センサス」で明らかになる衝撃の事実! 日本の農地は急速な勢いで大規模化され、生産効率も急上昇……輸出産業となる!! 日本経済団体連合会(経団連)も2015年1月1日、発表した政策提言『「豊かで活力ある日本」の再生』で、農業と食のGDPを合わせて20兆円増やせるとした。これは12兆円の輸送用機械(自動車製造業)よりも大きく、インターネット産業や金融・保険業に肩を並べる規模──日本のGDPは500兆円なので、農業が全体の4%を占める計算になる。「コメ農家は儲けてない振りをしているだけですよ」「本気でやっている専業農家はきちんと儲かっている」など、日本中の農業の現場を取材した渾身のレポートは、我々に勇気を与える。日本の農業は基幹産業だ!日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と──。21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

RECOMMEND