エイチ・アイ・エス、AI技術を利用したミニトマト栽培の実証実験を開始

株式会社エイチ・アイ・エスは、埼玉県蓮田市で「アイリッチ農法」と呼ばれる栽培技法を使用したミニトマト栽培の実証実験を2021年12月から開始する。


エイチ・アイ・エスは、国内外を対象にした旅行事業を展開する企業。農業分野では、最新技術とデータを活用した持続可能な農業生産に向けた「HIS農業プロジェクト」を展開している。

ミニトマト「プチぷよ」を栽培


「アイリッチ農法」は、株式会社プラントライフシステムズと東京大学が共同で開発した新しい栽培技法。サンゴ砂を使用したアルカリ培地と養液を組み合わせたAIセンサーシステムを用いることで、農作物の力を最大限に発揮させるためのスイッチを遺伝子に与え栄養価と糖度の高いトマトを安定的に作ることが可能だという。

実証実験では、協力企業である株式会社ヨシダの技術検証支援の下、 総面積約600坪の栽培施設を利用してリコピンやGABAなど健康成分を豊富に含んだミニトマト「プチぷよ」を栽培。収穫予定は2022年2月中旬頃で、ECサイトでの販売も予定している。

実証実験で栽培するミニトマト「プチぷよ」
同社は今回の実証実験で得た成果を基に、取り扱い品目の規模拡大を目指す方針を固めている。


HIS農業プロジェクト
https://www.his.co.jp/project/farmers/
株式会社プラントライフシステムズ
https://plantlife.jp/
SHARE
  • Facebook
  • Twitter

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。