全国初の公設民営の農業学校「丹波市立 農の学校」、1期生15名が入学

株式会社マイファームは、2019年より兵庫県丹波市からの指定管理業者の指定を受け、丹波市が開校する「丹波市立 農(みのり)の学校」の運営を開始した。市が設置し、民間事業者が運営する「公設民営」の農業学校としては全国で初となる。

全国から集まった入学生たち

農の学校 第1期生・15名は、2019年4月に入学。入学生の年齢は20~60歳代と幅広く、丹波市~近隣地域から通学するほか、東京・大阪・京都・島根など、遠方からの移住者が半数を占める。

入学をきっかけに、東京都から移住した河手大輔さん(36歳)は、「独立に向けてさらに農業に関する知識、経験を深めていきたいと思い、入学を決意しました。これから丹波市内で独立就農できるように頑張っていきたい」と、将来的に地域農業を担っていく意欲を見せる。

入学式には、行政関係者のほか、「農(みのり)の学校」の講師役も務める地域のベテラン農家、通称「マスター農家」も参列。意欲あふれる学生たちに期待を寄せた。

入学式全体写真(学生、講師、関係者)

マイファームでは、「丹波市立 農(みのり)の学校」の運営を通じて、丹波市における地域農業の担い手の育成に取り組んでいくと共に、「農業の学び場をきっかけに、移住者が全国から集まり、地域の農業者と力を合わせて、地域農業の活性に貢献する」といった、全国に類を見ない、新たな地域活性化のモデルづくりに務めるという。

■「丹波市立 農の学校」設立概要
開講期間:2019年4月~2020年3月(第1期)
募集定員:20名以内(第1期)
カリキュラム:総受講時間 1216時間
受講料:51万2000円(税別)
<その他の費用>
教科書代:3000円(税別)
受験料:6500円(税別)
入学要件:・18歳以上であること
・高等学校卒業程度の学力を有すること
・健康状態が良好であること

■「丹波市立 農の学校」第1期
年代:20代・3名、30代・4名、40代・4名、50代・3名、60代以上・2名
出身地:丹波市内・2名、京都府・3名、大阪府・3名、
滋賀県・島根県・富山県・愛知県・東京都・千葉県・各1名

<参考URL>
丹波市立 農の学校 公式WEB
丹羽市立 農の学校 公式Facebookページ 
株式会社マイファーム

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  2. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  3. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  4. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。
  5. 水尾学
    みずおまなぶ。滋賀県高島市出身。大学卒業後、電子機器関連業務に従事。2016年に自家の柿農園を継ぐと同時に、IoT農業の実現を目指す会社、株式会社パーシテックを設立(京都市)。実家の柿農場を実験場に、ITを駆使した新しい農業にチャレンジしています。

RECOMMEND