新潟県内最大級の産直ECサイト「新潟直送計画」の流通額が2億3000万円を突破

株式会社クーネルワークは、新潟県内の生産者と全国の消費者をつなぐ運営通販サイト「新潟直送計画」の合計流通額が2億3000万円を突破したことを発表した。売上成長は前年比35%増で発送件数は前年25%増とのこと。

今後も県内でのサービスの認知度向上に取り組みながら、イベント出店やメディアへの露出を高め、インターネット通販における県産品のギフト利用を推進することで、県産品のPRに努める考えだ。


新潟県最大規模の産地直送型通販サービス


「新潟直送計画」は2011年12月にスタートした、新潟県内の生産者と全国の消費者をつなぐ直販サービスだ。専門スタッフによる現地取材を元に、新潟から産地直送で県内産品を販売している。
同サービスでは、インターネット販売する上で生産者にとって大きな負担になる、ページ作成や商品撮影、顧客対応、代金の回収、集荷配送管理業務までを代行。そのため登録生産者は手間なく、最低限のコストでインターネット販売が始められるという。

2019年からは地域ブランドを立ち上げるなど、地域産品のPRにも注力しており、JA羽茂の「佐渡産おけさ柿」やJAささかみの「縁玉(枝豆)」など、県内独自のブランド農産物の取り扱いもスタートしている。

参加店舗数は約400店舗で、内4割は地元農家による出店とのこと。3大ECモールと呼ばれる楽天市場やYahooショッピング、Amazon上でも販売を行う。

2020年2月に開催された「第三回新潟直送計画実績報告会」では、生産者が直接消費者と取引を行うビジネスモデル「D2C(Direct to Consumer)」の重要性が再確認された。

第三回新潟直送計画実績実績報告会の様子


クーネルワークでは「新潟直送計画」を、県内生産者が全国に販路を広げるきっかけを作るD2Cプラットフォームとし、今後も生産者をサポートしていく考えだ。


株式会社クーネルワーク
https://cunelwork.co.jp/
新潟直送計画
https://shop.ng-life.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。