新潟県内最大級の産直ECサイト「新潟直送計画」の流通額が2億3000万円を突破

株式会社クーネルワークは、新潟県内の生産者と全国の消費者をつなぐ運営通販サイト「新潟直送計画」の合計流通額が2億3000万円を突破したことを発表した。売上成長は前年比35%増で発送件数は前年25%増とのこと。

今後も県内でのサービスの認知度向上に取り組みながら、イベント出店やメディアへの露出を高め、インターネット通販における県産品のギフト利用を推進することで、県産品のPRに努める考えだ。


新潟県最大規模の産地直送型通販サービス


「新潟直送計画」は2011年12月にスタートした、新潟県内の生産者と全国の消費者をつなぐ直販サービスだ。専門スタッフによる現地取材を元に、新潟から産地直送で県内産品を販売している。
同サービスでは、インターネット販売する上で生産者にとって大きな負担になる、ページ作成や商品撮影、顧客対応、代金の回収、集荷配送管理業務までを代行。そのため登録生産者は手間なく、最低限のコストでインターネット販売が始められるという。

2019年からは地域ブランドを立ち上げるなど、地域産品のPRにも注力しており、JA羽茂の「佐渡産おけさ柿」やJAささかみの「縁玉(枝豆)」など、県内独自のブランド農産物の取り扱いもスタートしている。

参加店舗数は約400店舗で、内4割は地元農家による出店とのこと。3大ECモールと呼ばれる楽天市場やYahooショッピング、Amazon上でも販売を行う。

2020年2月に開催された「第三回新潟直送計画実績報告会」では、生産者が直接消費者と取引を行うビジネスモデル「D2C(Direct to Consumer)」の重要性が再確認された。

第三回新潟直送計画実績実績報告会の様子


クーネルワークでは「新潟直送計画」を、県内生産者が全国に販路を広げるきっかけを作るD2Cプラットフォームとし、今後も生産者をサポートしていく考えだ。


株式会社クーネルワーク
https://cunelwork.co.jp/
新潟直送計画
https://shop.ng-life.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。