ドキュメンタリー映画『シード ~生命の糧~』先行試写会&ミニトークを6月14日に開催

6月29日に公開予定のドキュメンタリー映画『シード ~生命の糧~』の特別先行試写&ミニトークイベントが、6月14日(金)に開催される。

『シード 〜生命の糧〜』は、種の多様性が人類史上最速で失われつつある現状と、種を守るために立ち上がった人々について迫るドキュメンタリー。第70回エミー賞にノミネートされ、18の映画賞を受賞し、世界47ヶ国で1000回以上の上映会が行われた話題作。

上映後のトークイベントでは、食と農に関する活動に携わってきた国際協力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」スタッフの渡辺直子氏が、世界の現状についてお伝えする。

日本でも近年、「種子法廃止」や「食品ロス」「食料自給率」の問題などで身近になってきた「食と農」の問題。その中で、普段は現状を知る機会が少ない「種」について考えるいい機会だ。

『シード ~生命の糧~』とは


ストーリー
前世紀中に、気候変動や世界の種子市場を多国籍企業の独占等により野菜の種子の実に94%が消滅。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになっています。
人類史上最速で種子の多様性が失われている中、世界中で立ち上がった種の守り人たち。種は私たちにとって命そのもの。種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?

第70回エミー賞ノミネート作品、世界47ヶ国で1,000回以上の上映会、200万人以上が視聴した話題作!6/29(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。
監督:タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ
配給:ユナイテッドピープル
2016年/アメリカ/94分


NGOがみた「食と農」の問題、農民たちの声

国際協力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」は、自分たちが大切に守ってきた食文化や農業の営みを守ろうとするモザンビークの農民たちとともに、モザンビークで行われようとしている日本主導の大規模農業開発計画「プロサバンナ」に現地の人々の声を届けるための働きかけを行ってきました。

国内でも国際シンポジウムや議員や省庁を巻き込んだ院内集会の開催などの発信にも携わっています。

昨年開催したシンポジウムで行った「たねの交換会」の様子
何度もモザンビークに足を運び、現地の農民たちの声に耳を傾けてきた
そんな活動の中で出会った農民たちの声をお伝えするとともに、最近モザンビークで発生した甚大なサイクロン被害に対する生活再建のための 「種子と農具」の支援についてご紹介します。

大切だけど普段はあまり意識しない「種」について、じっくり考えてみませんか?

イベント詳細
■日時:2019年6月14日 (金) 19:00~21:30(18:30開場)
■会場:JVC東京事務所(〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F)
■アクセス:JR「秋葉原駅」「御徒町駅」から徒歩7分、東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩5分
■プログラム :
19:00 挨拶
19:05~20:40 映画上映
20:40~21:30 トーク(質疑含む)
■参加費:無料
■定員:30名


<参考URL>
「シード 〜生命の糧〜」オフィシャルHP
映画『シード ~生命の糧~』特別先行試写会&ミニトーク 申し込み画面

ドローンパイロットシェアリングサービス
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 山口真弓
    管理栄養士、健康咀嚼指導士、母歯ネットワーク認定 むし歯予防マイスター® 「スマイル☆キッチン~ママとベビー&キッズのための料理教室」主宰。10歳と7歳の子どもを持つママ管理栄養士。 実践大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて勤務後、結婚・出産を経てフリーランスに。「おいしく楽しく!スマイル☆な毎日が過ごせるように、笑顔あふれる食卓になるようお手伝い!!」をモットーに、900組以上の親子の相談を受け、ママの視点でアドバイスするなど、栄養相談やコラム執筆、レシピ提供、児童館や保育園の料理教室講師など、幅広く活動中。著書に『管理栄養士ママが教える!子どものからだとこころが育つ!6歳までの食事のホント』(すばる舎)、『作り方・進め方が1冊でわかる 決定版 はじめてのおいしい離乳食』(ナツメ社)がある。
  2. 渡邊智之
    わたなべともゆき。一般社団法人日本農業情報システム協会(JAISA)代表理事、スマートアグリコンサルタンツ合同会社(SAC) 代表/CEO、総務省 地域情報化アドバイザー。大手IT企業に入社し、主に各種センサーによる生育関連データ蓄積及び作業記録アプリ等の開発を主導しつつ、農業法人に飛び込み農業を学ぶ。その後農林水産省でスマート農業推進担当として、政府のスマート農業関連戦略策定や現場の普及促進に努める。慶應義塾大学SFC研究所の研究員や、農林水産省や自治体のスマート農業に関する会議の有識者、座長としても参加。著書に「スマート農業のすすめ~次世代農業人【スマートファーマー】の心得~」(産業開発機構株式会社)がある。
  3. 三好かやの
    みよしかやの。しがないかーちゃんライター。「農耕と園芸」「全国農業新聞」等に記事を執筆。八王子市ユギムラ牧場でかぼちゃの「いいたて雪っ娘」栽培中。共著『私、農家になりました。』(誠文堂新光社)、『東北のすごい生産者に会いに行く』(柴田書店)等がある。http://r.goope.jp/mkayanooo
  4. 山口亮子
    やまぐちりょうこ。フリージャーナリスト。京都大学卒、北京大学修士課程修了。時事通信社を経てフリーに。主に農業と地域活性化、中国を取材。
  5. r-lib(アールリブ)
    これからのかっこいいライフスタイルには「社会のための何か」が入っている、をコンセプトにインタビュー記事やコラムなどを発信するメディア。r-lib編集長は奈良の大峯山で修行するために、毎年夏に1週間は精進潔斎で野菜しか食べない生活をしている。

RECOMMEND