農業の最新技術の開発過程も見える 「OPTiM INNOVATION 2021 Agri」の見逃し配信を4月29日まで実施中

株式会社オプティムは、2021年と2022年にかけてオンラインで3日間開催した「OPTiM INNOVATION 2021」の見逃し配信を、3月25日〜4月29日まで実施中。期間中はYouTubeにて閲覧できる。

農業に関わる最新技術やスマート農業ソリューションを紹介


「OPTiM INNOVATION 2021」は、「あなたの仕事を変えるDX」と題して、オプティムが取り組むさまざまな分野のDXに役立つ技術や事例などを紹介するセミナー。新型コロナウイルスの関係で会場でのオフライン開催は難しくなってしまったが、毎年秋にオンラインで開催されている。

その中でも「農業×IT」の分野を紹介するのが「OPTiM INNOVATION 2021 Agri」。2021年度は11月30日に開催され、代表取締役社長の菅谷俊二氏によるメインセッションをはじめ、5つのセッションすべてが配信されている。




OPTiM INNOVATION 2021 Agri メインセッション


メインセッションでは、オプティムが推進するスマート農業の新サービス「ドローン適期防除サービス」などを発表。併せて、これまで培ってきた先端技術を用いたプロジェクト事例やパートナーとの取り組みを紹介している。



ドローン適期防除サービス 〜圃場デジタル解析による適期散布〜


新サービス「ドローン適期防除サービス」を紹介。全国の地域や集落で、水稲・麦・大豆の共同防除を募集するもので、2022年度から実際に実施される予定だ。

雑草や病害虫の予防に、最小限の薬剤で最大限の効果を発揮するためにはタイミングが非常に重要。これまでは地域の栽培状況や業者の都合などにより思うようにいかなかった「適期防除」を実現するという。実際に2021年に試験運用した地域の感想なども紹介されている。


OPTiM 農業ソリューション・プロダクト紹介


オプティムのスマート農業ソリューションというと、特許も取得している「ピンポイント農薬散布」や、同様の考え方の「ピンポイント施肥」などがよく知られている。

このセッションではそれら以外に、スマホアプリやPCを用いた農業従事者、事業者向けに開発してきた各技術と機能、活用事例について紹介している。



OPTiMスマート米で紡ぐ、国内農業生産と国内農作物消費の持続可能性


2021年産米で4年目を迎えたオプティムの「スマート米」というブランド。必要最低限の農薬や化学肥料しか使用しない栽培方法をオプティムの技術で労力を軽減しながら実現し、さらに収穫後の検査により残留農薬などもしっかりチェック。これらの安全・安心をこれからの米の付加価値として、品種や産地によるブランドに関わりなく、「スマート米」という新たな指標でブランディングする取り組みだ。

利益を追求して米を売るという目的と同時に、オプティムが考えているのは食料自給率低下や国内の農産物消費量の減少といった由々しき問題。持続可能な農業をいかに未来につなげていくか。そのための取り組みをご紹介している。



OPTiMが目指す、米DXプロジェクト


このセッションでは、「スマート米」というかたちで、オプティム自身が生産から流通まで技術と事業で向き合ってきたからこそ考えられる「米流通DX」について紹介。取り組みの実績や、2022年から新たに取り組むパートナーも登場する。



AI・IoT・Roboticsを活用した農業技術開発 〜産学官連携で実現する社会実装のかたち〜


最後は、オプティムが最も得意とし、スマート農業という言葉が叫ばれ始めた頃からいち早くAI・IoT・ロボットなどを用いた農業技術開発の事例の紹介だ。

オプティムの技術はそのすべてが自社開発されたものだけというわけではなく、研究機関や都道府県などと密接に連携しながら、地域や目的に合った産官学の取り組みで進められてきた。これまでの技術開発の経緯を見ることで、スマート農業技術の開発のプロセスや、どのように現場の役に立つ農業技術を開発するためのノウハウも見えてくるだろう。

さらに、これから開発される農業技術に関しても少しだけ触れている。



「OPTiM INNOVATION 2021 Agri」見逃し配信概要


日時:2022年3月25日(金)~4月29日(金) (期間限定)
配信URL:https://www.optim.co.jp/innovation2021/15f04927cda8dd0edcb9724f7beb7356/


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便