広島産キャベツを100ヘクタール栽培する、スマート農業実証実験がスタート

2019年11月25日に、広島県および県の農業関係機関が「キャベツの大規模経営モデル」に位置付けている広島県庄原市内の農場で、『広島産キャベツの100ヘクタール栽培』を目指した、スマート農業の実証実験が行われた。


プロジェクト名は「広島型キャベツ100ha経営スマート農業化プロジェクト」

広島産キャベツの「100ヘクタール栽培」を目指して

今回の実験は、広島県の名物である「広島風お好み焼き」に欠かせない食材であるキャベツの100ヘクタール栽培を目指し実施したもの。当日は県立広島大学の三苫好治(みとまよしはる)教授が代表を務め、庄原商工会議所が進行管理を担当した。

農業生産法人である株式会社Vegetaが保有する75ヘクタールのキャベツ農場が使用され、ドローンによる農薬散布のほか、機械化が難しいとされてきたキャベツの自動収穫機など、AIIoTを駆使したさまざまな実証実験が行われた。

さらに、スマート農業に使う機器や、システムを解説するパネル等も展示されたほか、農場で生産したキャベツを使った「焼きそば」や、イノシシの肉を使った「猪汁」など
を販売。農場近くの集会所では、キャベツの機械化栽培やスマート農業を取り巻く環境など、実証内容に関する説明会も開催された。

スマート農業で広島県産キャベツの生産拡大を目指す

広島県では、スマート農業の推進による農産物の生産量拡大を目指し「農林水産業アクションプログラム」を作成。重点品目の一つにキャベツを掲げている。

広島県は、4分の3が中山間地域で占めており,狭小な農場が多数点在している。標高差が大きい「地の利」を活用したキャベツの安定供給を目指しており、他の生産地の閑散期に出荷することが可能になれば、飛躍的な供給量の拡大に期待できるそうだ。

さらに、同県のソウルフード・広島風お好み焼きで親しまれているキャベツは、県内の需要に対し、地場産の流通量が圧倒的に不足している。実験に使用された株式会社Vegetaのキャベツ農場は、法人化から約5年で中国地方最大規模の農場に成長しており、広島県では2020年を目標に、県内需要の総量にあたる約4万トンの内、約2万2000トンの供給を目指す考えを示している。

<参考リンク>

株式会社Vegeta facebookページ
公立大学法人 県立広島大学
庄原商工会議所
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。