地方自治体側が若者をスカウトするIターンプロジェクト「Wakayama Loveドラフト」大阪で開催

和歌山県は、県内の各市町村で活躍できそうな人材をスカウトするイベント「和歌山県があなたをスカウトします!Wakayama Loveドラフト」を7月26日(金)に大阪で開催する。地方で活躍したいという思いをもつ参加者を募集する。


このイベントは、人材のニーズがある市町村が具体的な仕事を「求人票」として提示し、そこでの仕事に関心ある若者からのエントリーを募り、イベント内でのコミュニケーションを通じて「スカウト」するというもの。

スカウトされた参加者は、その自治体への招待チケット(交通費を補助)が手に入り、実際にそのエリアに訪問することができる。自治体がそこで働きたい人材を選抜し、招待するという試みは、都道府県が実施するイベントでは初めてのこと。

本イベントでは、株式会社ネットマーケティングが運営するサービス「Omiai」とも連携し、出会いを求めてアクティブに活動するユーザーへのアプローチも展開する。「Omiai」では、ユーザーの「出身地」や「志向性」、また「結婚したら引っ越しも検討できる」などユーザー情報のビッグデータを保有しており、本イベントに関心をもちそうなユーザー(地方移住、関係人口、社会貢献への関心層など)にイベントを案内し、地方創生の一助となる集客を実施する。
※来場者は「Omiai」のユーザーに限らず、和歌山県の市町村や仕事内容に関心のある方を対象に広く募集

Wakayama Loveドラフト 概要
日時:2019年7月26日(金)19:00~22:00
場所:billage OSAKA
大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル8F
参加費:無料
定員:30名 ※先着順で受付
主催:和歌山県
イベント受託:シビレ株式会社
協力:株式会社ネットマーケティング「Omiai」

イベント概要
  • 和歌山県内のさまざまなエリアの求人キャッチコピーを見て、イベントにエントリー
  • イベントでは各市町村や企業の担当者と交流し、自分をPR
  • 各市町村が「この人」と決めた人を選抜、招待チケットを発行
  • 選抜されなかった人にもチャンスあり!和歌山県への訪問を後押しする

キャッチコピーから「ピン」ときた仕事を見つけてイベントへエントリー

具体的な求人内を写真を用いて紹介。都会ではできない仕事ばかり

<参考URL>
Wakayama Love ドラフト

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。