地方自治体側が若者をスカウトするIターンプロジェクト「Wakayama Loveドラフト」大阪で開催

和歌山県は、県内の各市町村で活躍できそうな人材をスカウトするイベント「和歌山県があなたをスカウトします!Wakayama Loveドラフト」を7月26日(金)に大阪で開催する。地方で活躍したいという思いをもつ参加者を募集する。


このイベントは、人材のニーズがある市町村が具体的な仕事を「求人票」として提示し、そこでの仕事に関心ある若者からのエントリーを募り、イベント内でのコミュニケーションを通じて「スカウト」するというもの。

スカウトされた参加者は、その自治体への招待チケット(交通費を補助)が手に入り、実際にそのエリアに訪問することができる。自治体がそこで働きたい人材を選抜し、招待するという試みは、都道府県が実施するイベントでは初めてのこと。

本イベントでは、株式会社ネットマーケティングが運営するサービス「Omiai」とも連携し、出会いを求めてアクティブに活動するユーザーへのアプローチも展開する。「Omiai」では、ユーザーの「出身地」や「志向性」、また「結婚したら引っ越しも検討できる」などユーザー情報のビッグデータを保有しており、本イベントに関心をもちそうなユーザー(地方移住、関係人口、社会貢献への関心層など)にイベントを案内し、地方創生の一助となる集客を実施する。
※来場者は「Omiai」のユーザーに限らず、和歌山県の市町村や仕事内容に関心のある方を対象に広く募集

Wakayama Loveドラフト 概要
日時:2019年7月26日(金)19:00~22:00
場所:billage OSAKA
大阪市中央区本町4-2-12 東芝大阪ビル8F
参加費:無料
定員:30名 ※先着順で受付
主催:和歌山県
イベント受託:シビレ株式会社
協力:株式会社ネットマーケティング「Omiai」

イベント概要
  • 和歌山県内のさまざまなエリアの求人キャッチコピーを見て、イベントにエントリー
  • イベントでは各市町村や企業の担当者と交流し、自分をPR
  • 各市町村が「この人」と決めた人を選抜、招待チケットを発行
  • 選抜されなかった人にもチャンスあり!和歌山県への訪問を後押しする

キャッチコピーから「ピン」ときた仕事を見つけてイベントへエントリー

具体的な求人内を写真を用いて紹介。都会ではできない仕事ばかり

<参考URL>
Wakayama Love ドラフト

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。