旬のなめこを自宅で育ててみよう! 栽培キットでカンタン収穫【AGRI PICK連携企画 第5弾】

農業や自然のある暮らしをおしゃれに楽しむアイデアとアイテムをわかりやすくまとめ配信するウェブメディアが「AGRI PICK」です。農業用機械やファッションアイテム、ちょっと楽しい手作りアイデアまで、農業、家庭菜園、ガーデニングに役立つ幅広い情報をまとめています。

そんな「AGRI PICK」さんとの連携企画第5弾となる今回は、栽培キットで自宅で手軽に育てられる“なめこ”について。

「お家できのこを育ててみよう!」と思って調べると、ほとんどがしいたけ栽培。もちろんしいたけ栽培もいいけれど、ちょっと違うきのこも育てたい…そんな人はなめこを育ててみるのはいかがでしょうか? 実際に育てたレポート、そして栽培基礎知識などをお伝えします。

AGRI PICK | 農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園マガジン



なめこ栽培キットで育ててみた!栽培方法はとっても簡単

栽培キットを購入

通販でなめこの栽培キットを購入。ほかの種類のきのこも育てるため、3種類のセットを選びました。

到着


注文の翌々日、早速きのこの菌床が届きました。なめことあわせて、ブナシメジ、エリンギにもチャレンジしたため、3つ入っています。


なめこ栽培キットの内容は、菌床、赤玉土、栽培袋、説明書の4つ。菌床はおがくずなどになめこの菌を繁殖させたもので、原木より短期間で安定して育てることができます。

水や土をセットして栽培スタート!


届いたら、芽を出すための作業をします。まずは栽培ブロックの袋を切り開きます。


中のブロックはなめこの菌でいっぱい。特に表面は白く覆われています。水が染み込むように、この上の膜をかき取ります。


そこに水を注ぎ、30分置いて十分に染み込ませます。水道水でOK。30分後、残っている水を捨てます。水に浸ける前より少し栽培ブロックが重くなっています。


付属の赤玉土に水を入れて湿らせ、先ほど削った面を1~2cmの厚さに覆います。


栽培用の袋に入れて準備完了。表面の土が乾いてきたら霧吹きで湿らせます。

なかなか芽が出ない……


さて、毎日様子を見て湿らせていましたが、なかなか芽が出ません……。通常2~4週間で芽が出てくるとされていますが、1カ月近く経っても変化なし。しいたけやエリンギはあっという間に育ったので不安になってきます。何か失敗してしまった?

やっと芽が!


が、セットして34日後、赤玉土の間から頭を出しているものが。待ち望んだなめこの芽が出てきました。

ぐんぐん成長


芽が出ると、そこからの成長が早いのがきのこの特徴。翌日には数が増え……


その翌日にはもう収穫できるほどの大きさに。


こんなに大きくなりました。奥の方からはさらに新しいなめこも頭を出しています。

いよいよ収穫


いよいよ収穫!ナイフで根本から切り取っていきます。まだ芽は残っているため、引き続き収穫できそう。


今回の収穫では、大体1パック分くらいのなめこが採れました。赤玉土がついてしまっているので洗い流します。水に入れると、ほとんどの赤玉土は沈んでいくので簡単に取り除けます。

ちなみに、なめこの“ぬるぬる”には栄養が含まれるので、あまり洗いすぎない方がいいそうです。

自家製なめこのお味は?


自家製なめこ、気になるお味はどうなのでしょうか……? 採れたなめこを早速食べてみました。

味は市販のなめことほとんど変わりないですが、少し土っぽい感じ。新鮮なせいか、食感は普段食べているなめこよりシャキシャキとして食べ応えがあり、おいしかったです。

なめこ栽培の基礎知識|栽培時期や期間


さて、やってみたくなってきた人のために、なめこ栽培の基礎知識を書いておきますね。

原木栽培と菌床栽培って何が違うの?

原木栽培では、伐採した木などに直接なめこ菌を繁殖させます。一方、菌床栽培では木を細かくしておがくずにし、そこに栄養となる糠などを混ぜたものになめこ菌を繁殖させます。

菌床栽培は菌の育つスピードが速く、かつ安定して栽培できます。原木栽培のなめこは、より風味が良いという利点があります。

栽培に向く時期・温度

なめこが自然に育つピークは10~11月。菌床栽培の場合も、秋~初春の涼しい時期が合っています。芽を出すためには、10~15℃を確保でき、夜間の温度が10℃以下の環境が好ましいとされています。

栽培に必要な期間


栽培キットを使う場合、開始から通常2~4週間で芽が出て、芽が出てからは1週間程度で収穫できるとあります。ただし、適正な条件が揃わないと発芽せず、キットを育てた人の中には3カ月かかった人や、半年かかったという人も。

適した場所

直射日光が当たらない、涼しい場所が栽培に向いています。また、湿度は85%以上が好ましいため、乾燥しにくい場所に置きましょう。

なめこはのんびり派にぴったり

しいたけやエリンギに比べ、なめこは発生までに時間がかかります。その分、一度収穫した後も続いて発生し長く楽しめるので、ワンシーズンしっかり楽しみたい人におすすめです。

収穫量や驚きはほかのきのこほどではありませんが、なんといっても見た目がかわいい! 土の間から頭を出した姿は小さく透き通って愛らしいです。

ペット感覚で育てられる、なめこ栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。


森産業 「きのこ栽培塾」
『キノコ栽培全科』(農山漁村文化協会)

AGRI PICKでは、農業・ガーデニング・園芸・家庭菜園に役立つ情報が毎日たくさん公開されています。まずはサイトの記事を覗いてみてください。あなたに合った素敵な記事がきっと見つかるはずです!

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。