リアルな罠猟をインターネットで体験できる「マイわな体験サービス」のテスト期間がスタート

株式会社Rootは、リアルな罠猟と森の営みが体験できるサービス「マイわな体験サービス」のテスト提供を2020年4月から開始する。4~6月をテスト期間とし、現在先着限定5名までを募集中とのこと。料金は1わな(2カ月)/8000円(税込)で、配送代金は別途費用となる。

サービスの本格的な稼働は、狩猟期間となる今秋を予定。専門性が高いとされる罠猟体験は、130頭以上の捕獲実績を持つNPO法人おだわらイノシカネットと共同で行い、サービスで使用するWebシステムやチャットボットは、同社が「はたけを遊ぶ!スマート体験農園システム」の開発で培った技術を活用する方針だ。


Rootは、農業体験をコンテンツ化できる世界初のシステム「はたけを遊ぶ!スマート体験農園システム」を開発運営する農業スタートアップ企業だ。

同社の革新的なアイデアは、米国のマイクロソフト社をはじめ、国内の多くの企業で評価されており、世界9カ国のビジネスコンテストでも高評価を得ている。代表取締役である岸圭介氏自らが、稲作や畑作、レモン栽培、体験農園の運営を行いながら、IoTAIを用いたシステム開発を行っているという。

岸圭介氏

実際のわな猟や見回り、ジビエ肉などインターネットで体験


マイわな体験サービスは、実際のわな猟や見回り、ジビエ肉などをインターネットで体験できるサービスだ。

専用サイトと通知のイメージ

申し込み後、ユーザーは同社の農園がある神奈川県足柄で、猟師と一緒に罠の組み立て設置を行う。
設置後の2か月間、現地では猟師が実際に罠の見回りを行い、映像や痕跡などが専用のWebサイトにアップされる仕組みだ。

ユーザーはWebサイトを通じ見回りを体験し、猪や鹿が獲れたら重量に応じて最大5kgのジビエ肉を受け取ることができる。
※罠にかからない場合は300gのジビエ肉が進呈されるという。
提供されるジビエ肉は、行政の許可を得た施設で処理された安心な食材を使用しているとのこと。

ジビエ料理例:鹿肉の唐揚げとカツレツ


Webサイトでは、コラムやクイズ、森林調査、料理などのコンテンツも用意されている。

コンテンツ例:イノシカマップ

コンテンツ例:データ分析(捕獲実績)

実際の見回り映像例


株式会社Root
https://root-farm.com/
NPO法人おだわらイノシカネット
https://inoshika.root-farm.net
マイわな体験サービスの詳細・申し込み
https://inoshika.root-farm.net/service
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。