リアルな罠猟をインターネットで体験できる「マイわな体験サービス」のテスト期間がスタート

株式会社Rootは、リアルな罠猟と森の営みが体験できるサービス「マイわな体験サービス」のテスト提供を2020年4月から開始する。4~6月をテスト期間とし、現在先着限定5名までを募集中とのこと。料金は1わな(2カ月)/8000円(税込)で、配送代金は別途費用となる。

サービスの本格的な稼働は、狩猟期間となる今秋を予定。専門性が高いとされる罠猟体験は、130頭以上の捕獲実績を持つNPO法人おだわらイノシカネットと共同で行い、サービスで使用するWebシステムやチャットボットは、同社が「はたけを遊ぶ!スマート体験農園システム」の開発で培った技術を活用する方針だ。


Rootは、農業体験をコンテンツ化できる世界初のシステム「はたけを遊ぶ!スマート体験農園システム」を開発運営する農業スタートアップ企業だ。

同社の革新的なアイデアは、米国のマイクロソフト社をはじめ、国内の多くの企業で評価されており、世界9カ国のビジネスコンテストでも高評価を得ている。代表取締役である岸圭介氏自らが、稲作や畑作、レモン栽培、体験農園の運営を行いながら、IoTAIを用いたシステム開発を行っているという。

岸圭介氏

実際のわな猟や見回り、ジビエ肉などインターネットで体験


マイわな体験サービスは、実際のわな猟や見回り、ジビエ肉などをインターネットで体験できるサービスだ。

専用サイトと通知のイメージ

申し込み後、ユーザーは同社の農園がある神奈川県足柄で、猟師と一緒に罠の組み立て設置を行う。
設置後の2か月間、現地では猟師が実際に罠の見回りを行い、映像や痕跡などが専用のWebサイトにアップされる仕組みだ。

ユーザーはWebサイトを通じ見回りを体験し、猪や鹿が獲れたら重量に応じて最大5kgのジビエ肉を受け取ることができる。
※罠にかからない場合は300gのジビエ肉が進呈されるという。
提供されるジビエ肉は、行政の許可を得た施設で処理された安心な食材を使用しているとのこと。

ジビエ料理例:鹿肉の唐揚げとカツレツ


Webサイトでは、コラムやクイズ、森林調査、料理などのコンテンツも用意されている。

コンテンツ例:イノシカマップ

コンテンツ例:データ分析(捕獲実績)

実際の見回り映像例


株式会社Root
https://root-farm.com/
NPO法人おだわらイノシカネット
https://inoshika.root-farm.net
マイわな体験サービスの詳細・申し込み
https://inoshika.root-farm.net/service
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。