AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の故障や盗難に対応する保険サービスがスタート

株式会社ルートレック・ネットワークスは、三井住友海上火災保険株式会社と連携し、12月1日より「ゼロアグリ動産総合保険」のサービスを開始した。

「ゼロアグリ」は、安価なパイプハウス栽培から活用できるAI潅水施肥システム。センサーより得た日射量と土壌環境情報にもとづき、独自の栽培アルゴリズム(AI)を用いて、必要な潅水施肥量を算出、自動供給を行うというもの。PCやスマートフォン等からリアルタイムに栽培状態を把握でき、「カンと経験」を反映した潅水施肥の調整も簡単に行うことができる。ゼロアグリの活用により、潅水施肥に関する90%の労働力削減、施肥量も慣行農法と比較して50%削減(同社比)、データに基づいた栽培技術の伝承等も可能となる。さらに、天候の変動や生育の状態に適した潅水施肥により、作物の根にかかるストレスをなくし、品質安定、収量向上にもつなげることが可能。

■ゼロアグリの紹介記事
ICTが農家に“休日”をもたらす?! 「ゼロアグリ」が取り組む農業改革

近年、ゲリラ雷雨の被害などが多発しており、気象庁の統計データによると、日本全国で季節を問わず雷が発生している。農業は自然を相手にする産業のため、雷を含む予測のできない事故等により、農作物のみならず、農業用機器も損害を受けることが想定される。

(出典:気象庁「雷の観測と統計」)

今回の保険サービスは、「ゼロアグリ」の導入後1年間、落雷や落下を原因とする故障等に対しても保険金が支払われることになり、実質的に無償で修理もしくは交換可能になるというもの(保険金額には上限あり)。ルートレックではこれまでも、「ゼロアグリ」について保証期間内の正常な使用で万が一故障等が発生した場合、無償での修理もしくは交換をしていたが、今回のサービス開始によって落雷や落下などに起因する故障、盗難にも対応することが可能になり、農業生産者にいっそう安心して「ゼロアグリ」を導入できるとしている。

■ゼロアグリ動産総合保険の概要
保険契約者:株式会社ルートレック・ネットワークス
被保険者 :農業生産者
保険の対象:ゼロアグリ一式
補償期間 :導入日から1年間
補償対象となる主な事故
・落雷
・落下
・盗難
・火災
・破裂または爆発
補償対象外となる主な場合:
・故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害
・風、雨、雪、雹(ひょう)もしくは砂塵の吹込みや雨漏り等による損害
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害
・日本国外で生じた事故による損害
・保険の対象の設置場所を変更した後に生じた場合

<参考URL>
ゼロアグリ
株式会社ルートレック・ネットワークス

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。