オプティム、生育予測・病害虫予察により適期防除を実現する「ピンポイントタイム散布」サービスを発表

株式会社オプティムは、11月30日(火)にオンラインで開催された「OPTiM INNOVATION 2011 agri」の中で、圃場ごとにデジタル解析による適期防除が可能な新サービス、「ピンポイントタイム散布」サービスの提供を開始すると発表した。

これまで同社が培ってきた生育予測技術や病害虫発生予察技術と、ドローン防除の知見を組み合わせることで、最小限の農薬で最大の防除効果の実現を目指す。

最適なタイミングを逃さずドローン防除


オプティムはこれまで、病害虫が検知された箇所に農薬を散布する「ピンポイント農薬散布」や、追肥が必要な箇所のみに必要な量の追肥を行う「ピンポイント施肥」を展開し、農薬や肥料の使用量を削減することに貢献してきた。

その中で、生産者の声として、無人ヘリなどの共同防除では、オペレーターや機材の数、天候による順番待ちなどが発生し、適期に農薬を撒けていないという課題が見えてきた。

それらを解決するために、生育予測技術と病害虫発生予察技術による防除の適期判定と、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」の「ドローン農薬散布防除サービス」を通して培った散布ノウハウを組み合わせたのが、「ピンポイントタイム散布」サービスだ。


「ピンポイントタイム散布」サービスは、「ピンポイント農薬散布」・「ピンポイント施肥」と並ぶ、「ピンポイント散布シリーズ」の新たな取り組み。同じ効果をより少ない農薬散布頻度によって実現することで、環境負荷軽減に貢献いたします。

「ピンポイントタイム散布」サービスの提供範囲は日本全国で、平地や中山間地でも対応可能。対応面積は10haから上限はないため、個人生産者だけでなく、地域全域といった大規模の散布も可能だ。

このサービス開始を記念して、2021年内に相談すると、1haあたり1万4000〜円(税込1万5400円〜)で利用できる。



既存サービスとの関係性


オプティムでは、ドローンパイロットと作業委託者をマッチングするプラットフォームとして「DRONE CONNECT」をβ版として提供してきたが、その中で適期に防除を行いたい・地域全域での防除を委託したいというニーズが見えてきた。

そこで、農薬散布に集中し、付加価値の高いサービスを提供するため、業種・用途横断的に提供してきた「DRONE CONNECT」は「ピンポイントタイム散布」に統合する。



本サービスの特長は以下の通り。

ITの技術力を活かし農薬散布をデジタル化
一般的な農薬散布代行サービスでは、サービス対象は散布作業の部分のみ。
本サービスでは、資材の決定や注文情報のデジタル化、委託パイロットの選定、散布日の決定まで全ての作業をトータルで対応可能。これにより、防除取りまとめ団体側の手間を大幅に削減できる。

地域内の散布適期を簡易的に予測可能
作物の生育予測技術を活用することで、生育ステージを予測できるため、最適な散布日を手軽に予測できる。
予測結果をもとに散布スケジュールを組むことで、パイロットの調整もスムーズに行える。

ドローンオペレーションノウハウを活用したパイロット育成
これまで農業事業で培ってきたドローンのノウハウを、パイロット育成に活用。
各地域の中でパイロットを育成することで、地域内で運用できる体制の構築を目指す。

ドローン防除のため中山間地でも効率的に対応可能
ドローンは操縦性が容易であるため、無人ヘリの導入が困難な中山間地でも対応可能。また、無人ヘリよりも安価なため、平地での防除でも台数を増やして対応することで、効率を落とさず散布できる。



農薬防除は地域によって推進主体やプロセスがさまざまだが、オプティムはそこもサポートしていく。

具体的には、地域一斉で行われている共同防除の中での医療や、すでに共同防除体系がある地域では、中山間などドローンの適性が高いエリア限定で利用することも可能だ。また、新たに共同防除の体系から立ち上げたい地域では、オプティムが立ち上げ段階から支援してくれる。

個人生産者・農業者団体からの少量発注も受け付けており、知人に紹介したり、地域での散布面積を増やすことで、スケールメリットを増やせば費用を抑えることも可能だ。

対応作物は米・麦・大豆だが、ドローンでの薬剤散布が可能な作物であれば、一部圃場での実験散布から提供することも、生産者と一緒に考えながら実施できるという。



2022年の散布受付は本日からスタート


2022年に実施予定の防除に関して、本日11月30日(火)より、「ピンポイントタイム散布」サービスの依頼受付が開始される。依頼は、以下の問い合わせフォーム、もしくは電話にて。同時に、地域でのドローンパイロットの募集も引き続き行っているとのこと。


ピンポイントタイム散布 概要

対応可能エリア : 離島などを除き、日本全国
申込対象 : JA・農業共済・自治体などの団体、営農組織、個人生産者
対象作物 : ドローンでの薬剤散布が可能な作物
対応可能面積 : 10ha以上(上限なし)
料金 : 2021年内の相談に限り、1haあたり1万4000円〜(現地条件により変動。資材費は含まず)
※2022年1月以降は、1haあたり1万5000円〜。
問い合わせフォーム : https://www.optim.co.jp/contact/pts 
問い合わせ電話番号: 050-1741-7673

ドローンパイロット募集概要 

対応可能エリア : 離島などを除き、日本全国
申込対象 : ライセンス・機体を所持していない方も応募可能
問い合わせフォーム : https://www.optim.co.jp/contact/agriculture 
問い合わせ電話番号: 050-1741-7673

「ピンポイントタイム散布」サービス
https://www.optim.co.jp/agriculture/services/pts
オプティム|農業×IT
https://www.optim.co.jp/agriculture/


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
  2. 大槻万須美
    管理栄養士・フードスタイリスト。楽しく食べて健康に。食の大切さを伝えるため、料理教室、バレエダンサーやアスリートのパーソナル栄養サポート、レシピ・コラムの提供など幅広く活動。子どもの頃の毎年の米作り経験から、身近な食体験の重要性についても実感し、おとなと子どもの食育サポートにも力を注いでいる。
  3. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  4. 田中克樹
    32年間の農業出版社勤務を経て、2020年末、故郷の八ヶ岳南麓に帰郷。仲間と共に農業・福祉系NPOを立ち上げ、遊休農地・耕作放棄地を再生し、心身の癒しや健康づくりにつながる有機無農薬の体験型農園づくりに取り組む。NPOでは田んぼ除草にホバークラフトを活用したスマート技術を開発中。農と風土(フード)を愛する人たち向けのブックカフェ・居酒屋を開くのが夢。
  5. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
AI・IOTでDXを推進する企画・セールス・エンジニア大募集