NTTドコモとソフトバンクがZETAアライアンス加盟「第4回ZETA Alliance DAY」レポート

2019年6月14日、 LPWA通信規格ZETAの普及を推進し、超スマート社会への実現を目指すZETAアライアンスは、都内のレンタルスペースで「定期会員総会」ならびに「第4回ZETA Alliance DAY」を開催した。同会合には、過去最大規模となる約260名が参加し、2大キャリアの新規参入やワーキンググループ発足などについての報告があった。



NTTドコモとソフトバンクが新規加盟

同会合は、午前の部に「定期会員総会」、午後の部に「第4回ZETA Alliance DAY」を二部構成で開催した。ZETA Alliance DAYは、次世代LPWA通信規格ZETAの特性を活用し、新たなビジネスの創出や既存事業の改善、省力化や利便性の向上など、IoT社会全体の発展と推進に寄与するための取り組みだ。

そもそもLPWA(LPWAN)とはLow Power Wide Areaの略で、消費電力を抑えて遠距離通信を可能にする通信方式だ。IoTの構成要素のひとつで、次世代の規格としてZETAが注目を集めている。農業分野でも、IoTをはじめとするスマート農業を推し進めていく上で、欠かせない技術となる。

第一部の定期会員総会では、ZETAアライアンスの正会員であるPromoter会員とAdopter会員の紹介ならびに、株式会社NTTドコモとソフトバンク株式会社によるPromoter会員への新規加盟を報告。これを受けて、ソフトバンクは「自社の取り組んできたLPWANサービスとともにIoTの更なる拡大促進をZETAに期待する」との考えを示し、一方の新任理事企業に選出されたNTTドコモは「ZETAアライアンスに積極的な協力を図る」と意思表明した。

2018年6月にZETA開発元のZiFiSense Info Tech Co. Ltdと国内企業4社のわずか5社で設立したZETAアライアンスは、2019年にはドコモ、ソフトバンクの加入を含め計61組織となり、IoTに適したLPWA通信規格を巡る動きがますます熱を帯びてきている。

総会の決議事項としては、新任理事の容認のほか、会員規約の改正や事業計画、予算計画にまで及び、参加メンバーがZETAアライアンスへの期待と抱負を披露する中、満場一致で各事項を承認した。


loT事業を推進するワーキンググループ発足

ZETAアライアンスでは、ZETAを利活用した新しいビジネスの創出を目的に、導入分野やアプリケーションの調査・研究、IoT実証実験などを行うワーキンググループを設立している。総会ではZETAの全容に関する説明として、2019年にワーキンググループを3グループ新たに発足し、計6グループとなったことも発表した。

第1のグループは「エネルギービジネスWG(ワーキンググループ)」で、メガソーラーやバイオガス事業などを展開するプロスペックAZ株式会社が主査を務める。続く第2グループは、NTTドコモを主査とする「次世代スマート農業WG」で、同社が持つ農業分野へのICT導入ノウハウとZETAの強みを生かし、次世代型農業にフィットする技術の実証を行うことが目的だ。

また第3の「ZETag WG」は、最新の超薄型通信デバイスであるZETagを活用し、物流分野への応用を目指すグループで、凸版印刷株式会社を中心に据えている。

これらワーキンググループの発足後に、ソフトバンクが同グループへの参加を表明。NTTドコモ、ソフトバンクといった2大キャリアの参入により、今後はZETAの活用へ向けた研究活動やZETAアライアンスのビジネス展開がより活性化し、ZETAの普及にいっそう弾みがつきそうだ。

「第4回ZETA Alliance DAY」開催レポート

第二部の「第4回ZETA Alliance DAY」では、ZETAの将来性をメインテーマに、以下3件の特別講演を実施した。

「第4回ZETA Alliance DAY」特別講演
【講演1:4つのIoTについて】
東京大学大学院工学系研究科 IoTメディアラボラトリーディレクター 西和彦氏
【講演2:次世代のスマート農業におけるNTTドコモの取り組み】
株式会社NTTドコモ ライフサポートビジネス推進部 フードテックビジネス担当課長 大関優氏
【講演3:Zetag–what next?】
ZiFiSense Info Tech Co. Ltd 李卓群氏

ZETAの優位性とIoTビジネスの共創を熱弁

一番手は2019年に、ZETAアライアンスの正式アドバイザーに就任した西和彦氏が登壇。同氏は24歳でマイクロソフトの副社長に就任し、かつてはアスキーの元創業者として史上最年少で上場を果たすなど、日本IT業界の先駆者として知られる人物だ。

講演では「4つのIoTと普及への課題」をテーマに、情報通信ネットワーク業界に対する見解や成敗についてわかりやすく解説した上で、IoTビジネスにおけるZETAやLoRaの優位性についても言及。

さらに、2大キャリアによるZETAアライアンスへの加盟を重くとらえ、今後はLPWAを取り巻く環境が加速する中、技術やビジネスを共創していくことが重要になるとも語った。

「儲かる」スマート農業へ

続く2件目は「次世代のスマート農業におけるNTTドコモの取り組み」と題し、NTTドコモの大関優氏が弁舌を振るった。

同氏は、茨城県つくば市で行った実証実験を事例として、長距離通信、低消費電力、中継器によるメッシュアクセスの実現、コストという4つの側面からZETAの優位性を解説した上で、今後は水産業や養殖事業などへのソリューションが期待できることも示唆した。「農業向けのICT(情報伝達技術)、とりわけLPWA技術については、比較検証した結果ZETAが最有力との結論に至った」と明言。

ZETAアライアンスへの参加、新任理事企業の就任、次世代農業ワーキンググループの発足といったスピード感のある取り組みに加え、今後は加盟企業との連携をいっそう深めながら、「儲かる」スマート農業への実現を図る構えを強調した。

ZiFiSense社の李CEOが第二世代のZETAを披露

最後に、ZiFiSenseの李卓群氏が「ZETag-What next?」と題し、最新のZETAデバイスであるZETagの開発経緯や、実証実験に関する詳細なレポートを披露。今後の幅広い利活用が予想されるアプリケーションに関しても詳細な報告を行い、ZETAならびにZETagを活用したloTの本格的普及への見通しを述べた。

この日、最大で250人を収容するフクラシア品川クリスタルスクエアのセミナー会場は満席となり、企業陣によるZETAへの熱意と期待の高さを証明する結果となった。

同会合の成功を踏まえ、ZETAアライアンスは今後も組織の強化拡大とグループ全体の研究、実験、ビジネスへの展開を図り、さらなる挑戦を進めていく構えだ。


<参考URL>
ZETA
ZETAアライアンス
エネルギービジネスWG
ZETag WG
次世代スマート農業WG
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。