2019年度「ふるさとの田んぼと水 子ども絵画展」 作品募集中!

全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)は、小学生以下を対象にした絵画展『ふるさとの田んぼと水』子ども絵画展2019の募集を開始した。

開催20周年を迎える今回は、入賞・地域団体賞・入選作品など約240点の展示のほかに、20周年記念展示として地域を象徴する農村風景を描いた絵画の展示も行う予定だ。

『ふるさとの田んぼと水』子ども絵画展2019


2019年度の募集テーマは「新発見!ぼくのわたしのふるさと」だ。子どもたちが田んぼやため池、農業用水路などの風景、大切な水路を守っている人たちの姿を描くことで、農業や農村への理解と関心を促すことを目的としている。

受賞作品は、東京都美術館1階の第二展示室にて2019年12月4日(水)から12月11日(水)まで展示され、入賞者の授賞式は2019年12月7日(土)を予定している。(受賞式への参加は入賞者のみ)

昨年は、全国から6,284点の応募があり、その中から入賞が24点、地域団体賞が7点、入選作品は163点が選ばれた。

2019年度の募集にあたり、主催する「全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)」はこう語っている。

日本の農業・農村は、生きるために必要な食料を生産する場であるとともに、自然環境を守り多様な生き物の命を育む場でありながら、多面的機能を持ちます。同時に人々に安らぎを与え、未来を担う子ども達に豊かな感情を育ませるなど、かけがえのない財産でもあります。 「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展では、私たちの財産を守り次世代へと引き継いでゆくことを目指しています。(一部抜粋)

2018年度 「農林水産大臣賞」の作品

2018年度 「全国水土里ネット会長賞」の作品


『ふるさとの田んぼと水』子ども絵画展2019 概要

田んぼやため池・農業用水路などの風景、大切な水路を守っている人たち、農業に関する古くから伝わる祭りや風習・郷土料理、さまざまな農作業風景など、「新発見!ぼくのわたしのふるさと」がテーマであれば、作品の題材や画材は自由だ。

募集要項は以下の通り。

■応募資格
小学生以下

■作品募集の告知
1)開催概要と応募用紙を兼ねた「募集チラシ」を都道府県水土里ネット等を通じて、全国の小学校に配布。
2)全国水土里ネットホームページでも紹介。

■賞
農林水産大臣賞・文部科学大臣賞・環境大臣賞・全国水土里ネット会長賞・協賛企業・団体賞他

■作品の展示期間・場所
日時:2019年12月4日(水)12月11日(水)
場所:東京都美術館 1階第二展示室

■授賞式(入賞者のみ)
2019年12月7日(土)予定 ※入賞者と保護者1名を招待。
授賞式会場:東京都美術館「講堂」

昨年(2018年)行われた授賞式での集合写真

■昨年度応募数
6,284点

■募集締切り
2019年9月11日(水)

■審査員(本年度予定)
審査委員長:真室佳武(東京都美術館長)
審査員 :浅野 康則氏(画家)、布井 剛氏(画家)、岸 ユキ氏(女優・二科会会友)
宗像 幸彦氏(ライター)、森井 秀之氏(全国水土里ネット企画研究部長)
アドバイザー:伊能 洋氏(画家)

■主催
全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)
都道府県水土里ネット(都道府県土地改良事業団体連合会)

■後援
農林水産省/文部科学省/環境省/国土交通省/総務省/東京都
全国農業協同組合中央会/(株)日本政策金融公庫/(株)日本農業新聞他

■協賛(昨年度実績)
(株)ECC/(株)イワイ/大塚ホールディングス(株)/(株)クボタ/(株)熊谷組/(株)角谷文治郎商店
積水化学工業(株)/全国米穀販売事業共済協同組合/(株)トイカード/ハウス食品グループ本社(株)
不二家ファミリー文化研究所/前田建設工業(株)/(株)明治/ヤンマー(株)井関農機(株)/サクラクレパス(株) (順不同)

■名称
「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2019 【20周年記念】

<参考リンク>
全国水土里ネット「子ども絵画展」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。