農業用ドローンへのアート装飾で農福連携に挑む「ハートフルドローン・プロジェクト」

山形県、宮城県を中心に農業用ドローンでの散布作業サービスを展開する企業組合「ジパング(山形県天童市:ドローンプラスと株式会社チック(XD仙台)が共同設立)」は、「就労支援事業所あるあーる」との農福連携のプロジェクト「ハートフルドローン・プロジェクト」をスタートさせた。


障がい者が描いたアートが農業用ドローンを彩る

農福連携とは、農業と福祉の両分野が抱えているさまざまな問題や課題の解決と、社会参画を促す取り組みのことを指す。
農林水産省では、厚生労働省と連携し「農業・農村における課題」や「福祉(障害者等)における課題」、双方の課題解決と利益(メリット)があるWin-Winの関係づくりを推進している。

農業の課題として担い手不足による農業従事者の高齢化、福祉分野の課題として作業工賃の向上が謳われている。
農福連携は今後、認知度と作業性能を見込んだスマート農業の推進が求められているのだ。

今回のプロジェクトでは、これまでの農福連携にはなかった農業用ドローンを活用した連携を中心に取り組んでいく。



すべての障がい者が農業に参加できる“アート”

「障がい者が直接農業に従事し、食材を確保する」という農業活動は、これまでも多く実践されてきたが、障がい者はすべてイコールのコンディションではない。
施設や利用者によって重軽の開きがあり、外に出られる人のみで農業を行うにしても、それには職員の介助が必要不可欠だ。
職員の人数が限られている中で、屋外でのサポートに職員を振り分けてしまうと、外に出ることができない入居者への支援のクオリティーが下がってしまうというデメリットも生じる。

同プロジェクトでは、利用者ひとりひとりに、思い思いの文字や絵(アート)をドローンのボディー部分に描いてもらい、その想いを乗せたアートドローンで水田圃場への追肥や防除を行う。

障がいの重軽に関係することなく、「すべての利用者が農業に参加できる」形を目指している。


さらに、同プロジェクトでは文字やアートを画いてくれた施設に、稲防除で得た収益の5%を寄付。利用者の作業工賃の取得にもつなげていく考えだ。

プロジェクトを運営するジパング側にも、農業用ドローンを活用することでスマート農業の推進と新規散布圃場の確保につながるというメリットがある。

アートドローンを依頼することで、生産者も障がい者への間接的支援ができる

アートドローンによる防除がそのまま障がい者支援に

「ハートフルドローン・プロジェクト」では、『五つのWin』で、Winが~ファイブ!として以下の標語を掲げている。

  1. 外に出ることができない入居者でも農業に参加でき工賃を得る又アップすることができてWin
  2. 行政も模索していた農福連携を新しいカタチとしてすすめられてWin
  3. 農業生産者も、これまでの水稲防除をジパングのアートドローンに切り替えることで、今までと同じ料金で間接的に障がい者へ支援ができてWin
  4. 散布圃場が増えることで、施設へお渡しする工賃が上がり、ジパングとしてはドローンとスマート農業の推進が進みWin
  5. 山形県産米「つや姫」に追肥することで、新しい農福連携のカタチを促進させた品種としてブランド力が向上しWin

今後もこの活動を継続し、山形県と宮城県だけではなく、東北、そして日本全国にも広げていく考えだ。

文字やアートを描く利用者の様子

プロジェクトにより行われた「つや姫ヴィラージュ」での防除(2019年7月6日)

今後の予定
8月中旬 アートドローンで水稲へ適期防除。(予定)
10月中旬頃 「つや姫ヴィラージュ」の収穫祭。そこにアートドローンを展示。施設へ作業工賃寄与(予定)

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。