Oishii Farm、200億円の資金調達で米国に世界最大の次世代植物工場を建設

米国を拠点に、サステナブルな農業実現を目指して植物工場を展開するOishii Farm
Corporation(オイシイファームコーポレーション。以下、Oishii Farmは、総額200億円のシリーズB資金調達を完了した。

今回の調達により、米国ニューヨーク近郊に建設中の次世代植物工場の建設と全米展開を加速させる。また、資本業務提携先企業との共同研究・開発を通じて、さらなる生産工程の自動化およびコスト削減を追求していくという。



日本の栽培技術を生かした世界最大級のいちご植物工場


Oishii Farmは、日本の伝統技術である施設園芸を活かした植物工場で、新たな世界産業を創出することに挑戦している企業。栽培サイクルが長く最も高度な農作物と言われるいちごを、ハチによる自然受粉を用いて世界で初めて安定量産することに成功、年間を通して旬の果物を消費者に届けることを可能とした。2022年6月には「ホールフーズ」での販売がスタート。工場を増設して供給量を増やすことで、さらなる地域拡大を目指している。


今回の資金調達により、さらなる果物・野菜の量産と自動化などを通じたコスト削減を実現すべく、次世代植物工場の建設を進めていくとしている。

次世代植物工場の特徴


世界最大級の次世代植物工場では、自動化・AI を駆使し、最高峰のサステナブルな農業を実現。サッカーコート数面分に相当する敷地面積の中で、完全な農薬不使用による栽培、メガソーラー発電施設からのグリーンエネルギー活用、水の完全循環システム、輸送時に発生する CO2(フードマイレージ)の削減、そして自動収穫ロボットを含む各種自動化およびAIの活用を行う。



また、本ラウンドには、日本電信電話株式会社(NTT)、株式会社安川電機、株式会社脱炭素化支援機構、株式会社みずほ銀行をはじめ、植物工場の展開を加速する上で重要となるさまざまな領域の日本を代表する企業や、McWin Capital Partners、Bloom8などの欧米のサステナビリティファンドが含まれている。

日本電信電話株式会社 (NTT) 代表取締役社長 島田明氏 コメント
「昨今、異常気象や自然災害、農業従事者の不足や農地の荒廃など、世界のあらゆる地域において農業の様々な課題が顕在化しており、デジタルトランスフォーメーションによる解決が期待されています。Oishii Farm は革新的な技術を自ら磨き上げこれまで実現困難とされていた植物工場での高品質ないちごの生産に成功しているトップランナーです。
市場への安全・安心な食の供給や NTT グループがめざす循環型社会の実現に向け、Oishii Farm とともに農業の未来に向けて挑戦してまいりたいと考えております」

新たな投資家一覧(五十音順)
  • 株式会社インスパイア
  • 株式会社荏原製作所
  • 株式会社ダイニチ
  • 株式会社脱炭素化支援機構(JICN)
  • 中国信託商業銀行(CTBC Bank)
  • 日本電信電話株式会社(NTT)
  • 株式会社博報堂DYベンチャーズ
  • 株式会社 Plan・Do・See
  • 株式会社ブロードエッジ・アドバイザーズ
  • 株式会社みずほ銀行
  • 三菱食品株式会社
  • みやこキャピタル株式会社
  •  モバイル・インターネットキャピタル株式会社
  • 株式会社安川電機
  • Bloom8
  • McWin Capital Partners
  • New Hope - Coalescence Global Opportunities Holdings, LLC
  • Nymph Investments Cayman Limited
※その他社名非開示の企業を含みます
※本件資金調達は、野村證券株式会社より助言を受けております

共同創業者 兼 CEO 古賀 大貴(こが ひろき) 略歴



1986 年東京生まれ。少年時代を欧米で過ごし、2009 年に慶應義塾大学を卒業。コンサルティングファームを経て、UC バークレーで MBA を取得。在学中の 2016 年に「Oishii Farm」を設立し、日本人として初めて、同大学最大のアクセラレーターである「LAUNCH」 で優勝。2017 年から米ニューヨーク近郊に植物工場を構え、日本品種の高品質ないちご、トマトを展開する。日本発の技術を基盤に、農業の課題解決に挑戦している。


Oishii Farm Corporation
https://www.oishii.com

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  3. 石坂晃
    石坂晃
    1970年生まれ。千葉大学園芸学部卒業後、九州某県の農業職公務員として野菜に関する普及指導活動や果樹に関する品種開発に従事する一方で、韓国語を独学で習得する(韓国語能力試験6級取得)。2023年に独立し、日本進出を志向する韓国企業・団体のコンサル等を行う一方、自身も韓国農業資材を輸入するビジネスを準備中。HP:https://sinkankokunogyo.blog/
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎
    1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 堀口泰子
    堀口泰子
    栄養士、食アスリートシニアインストラクター、健康・食育シニアマスター。フィットネスクラブ専属栄養士を経て独立。アスリートの食事指導や栄養サポートの他、離乳食から介護予防まで食を通じて様々な食育活動を行う。料理家としても活動し、レシピ提案、商品開発も担う。食事は楽しく、気負わず継続できる食生活を伝えることを信条とする。スポーツの現場ではジュニアの育成、競技に向き合うための心と体の成長に注力している。HP:https://eiyoushiyakko.jimdofree.com/
パックごはん定期便