企業経営者向けの「農業参入企業現地視察セミナー」が全国3か所で開催中

中小企業向けに農業参入および栽培管理からマーケティングまでをトータルプロデュースする株式会社JAMPSが、全国3か所にて現地視察セミナーを開催中だ。第4回は兵庫県西脇市で11月20日に(終了)、第5回は埼玉県川越市で2020年1月22日に、第6回は3月4日に愛知県豊川市でそれぞれ予定されている。

農業参入企業現地視察セミナーとは?


同セミナーでは、JAMPS農業モデルで企業参入したクライアント先の経営者の話を直接聞き、現場を生で見てもらうための企画だ。

・本業以外で新規事業を検討している
・本業でも成功しそうな優秀な人材を「責任者」として確保できる
・社長が次の事業の柱として責任を持ち、やり遂げる想いがある
・地域一番店もしくは地域に愛されている企業だと感じている、またはそうなりたい
・2,000m2からはじめたとしても今後、規模拡大・関連事業へ展開したい
・他社と連携して情報共有ができる
・ただ儲けたいではなく、「農業」を軸に未来のビジョンを描きたい
・すでに農地を持っている

など、上記に該当する企業経営者向けのセミナーとなっている。

JAMPS農業モデルについて

JAMPSメンバーの社員のうち80%は大手コンサルティングファーム出身で、現場コンサルティングの経験と生鮮の販売コンサルティングを10年以上行ってきていることが大きな強みだ。すでに全国7社の支援先企業が、JAMPSのビジネスモデルで農業参入をしている。
通常の農業では、1年に1回の経験を繰り返すことでゆっくりと発展してきたが、同じ栽培方法で管理を行った上でデータを集約しているため、すでに約15年分のデータが集まっているそうだ。



農業参入企業現地視察セミナー 開催概要

【第4回開催概要】※終了しました
「地元で食品小売業を多店舗展開する企業」
開催日時: 2019年11月20日11:00~18:15(新大阪駅集合・解散)
会場: 66ファーム
住所:兵庫県西脇市市原町21−1
料金:9,800円(税別)

【第5回開催概要】
「多角化経営で100年続く老舗企業」
開催日時: 2020年1月22日12:00~17:30(川越駅集合・解散)
会場:@FARM~アット・ファーム
住所:埼玉県川越市大字今福1043−3
料金:9,800円(税別)

【第6回開催概要】
「ガス・リフォーム業を営む地元密着企業」
開催日時: 2020年3月4日12:00~17:30(豊橋駅集合・解散)
会場:プロモンテファーム
住所:愛知県豊川市上長山町手取8 4
料金:9,800円(税別)

<参考URL>
JAMPS公式サイト
JAMPS公式フェイスブック
第4・5・6回農業参入企業現地視察セミナー詳細

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。