産地偽装やブランド品種の流出を防ぐ生産管理システム「TaaS」、「京都スマート農業祭2019」で紹介

ブロックチェーンを用いたビジネスソリューション・サービス・システムを提供する株式会社CTIAが、2019年11月15日〜16日に京都府亀岡市で開催された「京都スマート農業祭2019」に出展した。


「京都スマート農業祭2019」は、農林水産業の経営向上と集落機能の維持を目的にICTロボットなどを活用したスマート技術を生産者に紹介するマッチングイベント。昨年から始まった同イベントは京都府と一般社団法人京都府農業会議、近畿農政局が共催で開催している。

農業のICT化を推進し課題解決へ

同イベントには国内の約50企業が参加し、農業生産を発展させるために人工知能AIクラウドなどの先端技術を活用したシステムなど、農家が抱える問題やニーズを汲み取ったICTソリューションが数多く出展した。

実演コーナーでは実際にロボットトラクタードローンなどのRPA(Robotic Process Automation)を操作して生産者に実演、そのほかにも農作物を販売するまでに必要な事務作業をスマートフォンだけで完結できるサービスや圃場営農管理をデジタル化するシステムなどがあった。

TaaSの導入で産地偽装を防止

CTIAは自社開発した生産管理システム「Traceability as a Service」(TaaS)についてのプレゼンテーションを特設ステージで行った。


農林業界では農作物の産地偽装や商品が流通経路内でのすり替え、ブランド品種の国外流出が深刻な問題になっており、この問題に対してTaaSを導入することで、農作物が生産されてから販売するまでのワークフローを一元管理し、偽装防止や品種の証明に役立つという。

プレゼン後にCTIAのブースを訪れた農林業に従事するイベント参加者からは、「産地偽装が横行する業界にとってTaaSは画期的なシステムになりそう」という感想や、「農作物が農家から消費者に届くまでの情報を追跡できるトレーサビリティに可能性を感じる」などの意見が寄せられていた。

CTIAは茶葉の製造業者やコオロギパウダーを使用した食品開発ベンチャーとともにTaaSシステムの導入に向けた取り組みを進めている。

<参考URL>
京都スマート農業祭2019
株式会社CTIA





SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。