衛星画像解析による野菜の収穫予測サービス「DATAFLUCT agri.」が2020年2月よりスタート

株式会社DATAFLUCTは、生産現場の衛星画像データのモニタリングや市場取引価格のAI予測により、野菜の収穫時期を予測し安定供給をサポートする「DATAFLUCT agri.」を、2020年2月よりスタートする。

今回、サービスの満足度向上および予測精度向上のため、契約栽培によって仕入れを行う食品加工業界、外食業界、および青果専門商社の企業の募集も開始した。


国産野菜の安定供給を目指す

昨今の異常気象の多発により天候に大きく左右される国産野菜は、以前に比べて安定的に調達することが非常に難しく、農業従事者にとって経営を不安にさせる要因の一つだ。
こうした理由から、食品加工業界は野菜の輸入量を増やさざるを得ない状況であり、国産野菜の市場価格は大きく変動しやすいものとなっている。

一方、国産野菜を契約栽培によって仕入れるバイヤーは、契約農家からの調達不足や市場からの追加調達により仕入れコストがかさみやすく、また、遠隔にある産地の生産状況を把握し、生産者とコミュニケーションをとるのが難しいといった課題を抱えている。

DATAFLUCTでは、衛星データを多角的に解析することで、国産野菜のサプライチェーンを最適化・持続可能なものとし、国産野菜の消費量の拡大につなげたい考えだ。

DATAFLUCT agri.とは

「DATAFLUCT agri.」は契約栽培による仕入れ状況と、市場の仕入れ状況をモニタリングすることで、野菜の安定供給をサポートするサービスだ。衛星画像データを用いて産地の生産状況から収穫時期を割り出し、市場取引価格データと気象データを活用して将来の市場取引価格を予測することで、仕入れコストの削減を目指す。

主な機能

1.衛星画像データの解析
契約農家が栽培する野菜の「収量予測」「収穫日予測」「生育状況モニタリング」「異常検知」を可能に。現地の農家と直接コミュニケーションをとらずに、遠隔地からでも現地の生産情報を把握できる

2.市場取引価格のAI予測
過去の市場取引価格および気象データをAIによって解析することで、将来の市場取引価格を予測。従来より早い段階で原料調達先を再検討できるので、仕入れコスト削減につながる。
※対象となる生産品目は、キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジンなどの土地利用型作物。

活用ケース

【ケース1】
特定の地域の契約農家が生産する野菜の生育が思わしくない場合、他の地域で生産する契約農家からの仕入れを増やしたり、必要に応じて市場価格予測情報をみて市場からの調達をするといった検討できる。

【ケース2】
例えば2週間後に漬物にする白菜を市場から調達しようと検討していた場合、DATAFLUCT agri.では2週間後の価格を予測することが可能。出荷予定時での原価が大まかにわかるため、場合によっては調達を早めたり遅めたりするなどの意思決定ができるようになる。

【ケース3】
不作によりキャベツの価格高騰が事前に予測できれば、提供する商品に用いるキャベツの量を調整でき、結果としてコスト削減につながる。

パートナーの主なメリット

・契約農家の野菜生育状況が悪いことを、より早い段階で知ることができる。
・市場取引価格の高騰を、より早く知ることができる。
・同実証実験に参加したパートナー企業は、半額以下で同サービスを導入し、検討することが可能。

パートナー募集

サービスの満足度向上および予測精度向上のため、キャベツ、レタス、白菜などの土地利用型野菜を契約農家から仕入れを行う食品加工業界、外食業界、および青果専門商社の企業を募集。なお、生産者様向けの生産改善機能も現在開発中。

募集期間:2019年12月4日~ 12月27日
条件:キャベツ、レタス、白菜、大根、タマネギ、ニンジン、ネギなどの土地利用型作物の仕入れを行なっていて、契約農家の紹介ができる企業。
申込方法:当社HPの問い合わせフォーム(https://datafluct.com/service/agri/

<参考URL>
株式会社DATAFLUCT
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。