「国際植物防疫年2020」が発足 国連食糧農業機関を中心に、植物防疫による飢餓撲滅等を目指す

2019年12月2日、国連食糧農業機関FAO)が、植物防疫による飢餓撲滅、貧困削減、環境保護、経済発展の促進を目指した「国際植物防疫年2020」(IYPH2020)を発足した。

国際植物防疫年の開始を宣言するFAO事務局長 Photo (C)FAOGiuseppe Carotenuto

『国際植物防疫年2020』とは


『国際植物防疫年2020』は、植物病害虫のまん延防止の重要性に対する世界的な認識を高めるための取り組みだ。

国連食糧農業機関(FAO)と、FAOに事務局を置く国際植物防疫条約IPPCが主導し、植物病害虫の予防と保護、植物防疫を確保・促進するための方針が示された。
その方針は以下の通りである。

  1. 持続可能な開発のための2030アジェンダ達成に向けて、健康な植物の重要性への意識を高める
  2. 植物の健康が食料安全保障と生態系機能に及ぼす影響を周知する
  3. 環境を保護しながら植物を健康に保つ方法に関する最良事例を共有する

世界の食用作物のうち、最大40%が植物病害虫によって喪失


植物は、地球上の食物のおよそ8割を占める重要な資源であり、呼吸する酸素の98%を生成する生命の源だ。しかし、世界の食用作物のうち、最大40%が植物病害虫によって失われている。さらに農業分野にも深刻な損害を与えており、農業貿易では年間2,200億ドルを超える損失が報告されている。

調和のとれた国際的な植物検疫の規制と基準


各国政府や農家、民間部門など、食料分野の関係者が連携を図り、害虫の拡散や他地域への侵入を防ぐことで、数十億ドルの節約と質の高い食物へのアクセスを確保する方針も示された。
植物や植物製品を病害虫から保護することは、「農産物の貿易活動を促進し、途上国市場へのアクセス向上も期待できる」として、調和のとれた国際的な植物検疫の規制と基準への遵守を強化することの重要性も説いている。

FAO事務局長 屈冬玉氏のコメント


今回の採択にあたり、FAOの事務局長である屈冬玉氏は
「国際植物防疫年の目的を達成するためには、政府や学界、研究機関、市民社会、民間部門を含むすべての関係者との戦略的な連携が不可欠である」
と述べており、また
「植物は地球上の生命の中心的な基盤を提供し、人間の摂り入れる栄養の最も重要な柱です。 しかし、健康な植物は当たり前のことではありません」
と続け、「植物防疫を促進するための政策と行動」が、持続可能な開発目標であるSDGsを達成するための欠かせない取り組みであることを強調している。

さらに、気候変動と人間活動が、生態系の変化や生物多様性の減少をもたらし、害虫が繁殖しやすい状況を作り出していることにもふれ、
「人間や動物の健康と同様に、植物の健康も治療よりも予防のほうが大事です」
とも述べた。

国連事務総長 アントニオ・グテーレス氏のコメント


国連の事務総長であるアントニオ・グテーレス氏は、採択の宣言にあたり
「持続可能な開発目標SDGsを達成するための今後の『行動の10年』を通じて、必要な資金を投資し、植物防疫への取り組みを強化しましょう」
と述べ、取り組みへの協力を呼びかけた。

植物防疫のために「できること」を


採択の宣言後に行われたパネルディスカッションでは、植物防疫に関する知識を高めるための写真コンテストの開催も提案、ウェブサイトも開設し植物防疫のためのヒントも掲載していくとのこと。

国連食糧農業機関(FAO)と国際植物防疫条約IPPCでは、植物検疫措置のための調和のとれた国際基準を策定し、基準を幅広く適用することで多くの利益を得られるよう、今後も植物病害虫の予防と保護に努めていく考えを示している。


<参考リンク>
国連食糧農業機関(FAO)
国際植物防疫条約IPPC
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  2. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  3. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  4. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  5. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。