野菜生産額No.1の鉾田市、地元出身お笑いコンビ「カミナリ」を起用したPRキャンペーンをスタート

茨城県鉾田市は、同市が野菜生産額No.1であることを広く伝える目的として、PRブランド「鉾田の誇り」を8月31日の野菜の日の前日、8月30日に立ち上げた。鉾田市出身のお笑いコンビ「カミナリ」を起用したPR動画の配信をはじめ、さまざまな施策を通じて鉾田市の野菜をアピールしていく。


鉾田市は、野菜生産額が全国No.1であり、メロン、いちご、トマト、水菜、さつまいも、ごぼうなど、様々な野菜が全国で指折りの産地となっている。しかし、「鉾田」の漢字を読めるかどうか首都圏の生活者332人に聞いたところ、「ほこた」と読めたのはたったの18.7%という衝撃の結果に。今回の動画は、その結果を知った鉾田市の岸田市長が、鉾田大使を務めているお笑い芸人・カミナリに連絡し激怒。危機感を感じたカミナリのふたりは自らが野菜芸人となり、新たに立ち上がったPRブランド「鉾田の誇り」を猛アピールしていくこととなった、というストーリーとなっている。


「鉾田の誇り」では、「猛アピール計画」と称するPRの計画を公表。「カミナリによる11種の野菜漫才」の他、「鉾田の誇りキャラクターを無償提供」「鉾田の誇り野菜セットが当たるキャンペーン」「鉾田の誇りPRブランドWEBショップOPEN」「伊勢丹新宿店にてほこたのやさいフェア開催」など、今後様々な形で鉾田市の野菜を猛アピールする。

●PRブランド「鉾田の誇り」猛アピール計画
  • お笑いコンビのカミナリが野菜芸人になって鉾田の野菜11品目をPRする動画配信
  • カミナリが野菜芸人になった「鉾田の誇り」キャラクターの無償提供(要利用申請)
  • 鉾田の農産物や鉾田の誇りグッズを集めた「鉾田の誇り野菜セット」が抽選100名に当たるプレゼントキャンペーン(会期:8月30日~9月24日)
  • 鉾田の農産物や野菜セットの販売を行うWEBショップ「鉾田の誇りWEB STORE」がオープン(オープン日:8月30日)
  • 鉾田のアールスメロンを使ったパフェ「ほこたアールスメロンの贅沢メロンパフェ」の提供(会期:8月31日~9月中 場所:伊勢丹新宿店地下2階<HATAKE CAFÉ>)やアールスメロン・野菜などの試食販売(会期8月31日/9月1日 場所:伊勢丹新宿店地下1階フレッシュマーケット)のイベント開催
  • 旬の鉾田の農産物の試食販売と野菜にまつわるワークショップなど(会期:9月30日 場所:新宿駅ルミネアグリマルシェ)




<参考URL>
鉾田の誇り。

キュレーションマガジン「Hokotta!」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。