1本足の太陽光パネル架台が登場 ソーラーシェアリングで傾斜地作業や大型農機の利用を可能に

千葉エコ・エネルギー株式会社と株式会社クリーンエナジージャパンは、傾斜地作業や大型農機の利用を可能にした、新しい構造の太陽光パネル架台を開発した。今回の開発は、営農型の太陽光発電設備であるソーラーシェアリングのさらなる普及に向けたもので、両社は「資材や施工コストの削減にも期待できる」としている。

新たに開発された営農型太陽光発電向け架台

設置の自由域を広げ、傾斜地への設置・大型農機などの利用が可能に

ソーラーシェアリングとは、支柱を立てた農地の上部空間で発電を行う太陽光発電設備を指す。

従来型の営農型太陽光発電向け架台
通常のソーラーシェアリングで使用されている太陽光パネルは、藤棚式やアレイ式など架台が一体となった構造が一般的だった。しかし自由度が低いという課題から「大型農機が使えない」「大規模農地での設置が非効率」「傾斜地に設置できない」といった声が多くあったという。

今回新たに開発された架台は、設置の自由域を広げた1本足タイプの製品。従来型では不可能とされた傾斜地への設置や、大型農機、ドローン、自動農機などの利用を可能にしている。

ソーラーシェアリング事業に取り組む千葉エコ・エネルギーでは、「農業生産と再生可能エネルギーの両立は、地域社会の発展に資する取り組み」としており、今後も新しいソーラーシェアリングモデルの提案を図りながら、全国で事業化のサポートを行っていく考えだ。


千葉エコ・エネルギー株式会社
https://www.chiba-eco.co.jp/
株式会社クリーンエナジージャパン
https://www.clenergy.co.jp/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。