【4月15日まで】食べチョク、「友達招待用のクーポンコード」発行で新型コロナ下の自炊を応援

オンラインマルシェ「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデンは、新型コロナウィルスの影響および、それに伴う外出自粛要請を受け、自炊応援プログラムの第3弾となる「友達招待用のクーポンコード」の発行を開始した。

クーポンコードの発行は、外出自粛を余儀なくされている一般消費者や、注文数の減少などに悩む生産者を支援するためのもの。利用期限を2020年4月15日までとしている。マイページに登録・ログイン後「help2004」と入力すれば、さらに200円の割引も得られる。


オンラインマルシェ「食べチョク」は、こだわり生産者の農産物や畜産物、海産物などが直接購入できる食材の総合マーケットプレイスだ。

食べチョクでは、好みに合う生産者を選んでくれる「食べチョクコンシェルジュ」や、旬な果物が定期的に届く「食べチョクフルーツセレクト」、友達と分けあえる「共同購入」、販売前に商品を取り置きできる「予約機能」といった方法で、生産者から農産物を購入できる。

送料負担や10%OFF、公式SNSでの紹介プログラムも展開中

食べチョクでは、新型コロナウイルスの影響を受け、今回の友達招待用クーポンコードの発行のほか、一般消費者や飲食店に向けた2つの応援プログラムを展開中。一般消費者向けに実施されている応援プログラムでは、食べチョクが全商品の送料500円を負担。商品を選んで購入確認画面に進めば送料500円分の割引が自動で反映される。


飲食店向けプログラムでは、食べチョクが2,500品目以上ある全商品の10%を負担するほか、公式SNSによる集客支援が受けられる。また「コロナでお困りの生産者さん」という特集ページも新たに開設し、売上減少に悩む生産者への支援にも取り組んでいる。


 新型コロナの影響を受けた生産者への支援事例


森のアスパラ 1kg100本程度(佐賀県/A-noker)2,400円(税込・送料別)
東京・表参道のフレンチレストランに卸しているアスパラガス。都内飲食店からの仕入れが大きく減ったため応援プログラムを利用。200件近くの注文が入っている。

野菜セットLサイズ約10~11品(千葉県/ベジLIFE!!)3,326円(税込・送料別)
関東近郊の飲食店からの売上が半減したため応援プログラム利用。注文数が1.5倍に増加。

野菜セット8品目(東京都/鴨志田農園)2,376円(税込・送料別)
イベントの中止により葉物が余ってしまったが、葉物の生成は突然止めることができず応援プログラムを利用。注文数が3.2倍に増加。

牡蠣20個(広島県/中野水産)3,200円(税込・送料別)
イベントの中止により8,000個が余剰に。食べチョクへの出品後、約5,000個を販売。

落花生270g(岐阜県/Koike lab. ーcreative officeー)1,850円(税込・送料別)
イベント中止に伴い用意していた110袋が余剰に。食べチョクへの出品後4日で完売。

食べチョクでは、サイト運営を通じ一般消費者および生産者・飲食店を全力でサポートする考えを示しており、「生産者・飲食店の皆さまには、小さなことでも気軽に問い合わてほしい」と述べている。


オンラインマルシェ「食べチョク」
https://www.tabechoku.com/
株式会社ビビッドガーデン
https://vivid-garden.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。