「できる.agri」、設問に答えるだけで「のびしろ」が分かる「できる.agri 農業のびしろ診断β版」をリリース

できる.agri」は、生産者の「のびしろ」や「強み」が分かる診断システム「できる.agri 農業のびしろ診断β版」を4月10日に発表した。設問の回答に合わせて回答者の「強み」と「のびしろ」を診断し、生産者の課題に合わせた最適な課題解決方法を提案してくれる。


「できる.agri 農業のびしろ診断β版」は、全30問の設問に回答することで、何が自身の「強み」で、何が改善の余地がある「のびしろ」なのかが分かる、生産者向けの診断システム。回答の点数に合わせて「経営」「生産」「販売」項目それぞれの診断結果を表示する。

設問は、
  • (経営)事務作業に充てる時間は充分足りている
  • (生産)反収や品質に課題を感じている
  • (販売)個性やアピールポイントが明確になっている
といったものが用意されており、診断結果は図とともに表示される。


できる.agriは、全国ツアーなどで直接生産者の方と関わる中で、耳にしてきた「フェーズに応じたITツールの選択方法が分からない」「そもそも自分の課題がどこにあるか分からない」「課題だと思っていたものが本当の課題ではなかった」といった声に対する解決策として、少しでも多くの人に自身の「課題」「のびしろ」に向き合ってもらえるようにと、本サービスを開発した。


なお、「農業のびしろ診断β版」の発表に合わせて、できる.agriでは生産者向けの無料相談会をオンラインで実施する。

相談会は、
  • 農業経営の小さなモヤモヤ相談会
  • ブランドの魅力発掘・発信相談会
  • 採用にお困りの人相談会
  • 農家のためのPR・情報発信相談会
といったものを準備している。

対象は生産者で、参加費は無料。申し込み不要で開始時間にそれぞれの相談会URLから「ZOOM」を使って参加するだけでいい。なお、事前に「できる.agri 農業のびしろ診断β版」での診断を済ませてほしいとのこと。


できる.agri 農業のびしろ診断β版
http://dekiru-agri.jp/nobishiro/
できる.agriオンライン相談会
http://dekiru-agri.jp/online/

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。