テレワーカー向け農業×副業サービス「農 Side Jobs」、関東限定でプレメンバーを募集中

農業生産者の採用支援をする株式会社West Fieldは、農業×副業のサービス「農 Side Jobs」のプレメンバーを募集中だ。人数は関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)限定で30名。


農 Side Jobsは、リモートワーカーやテレワーカーと、本業を在宅または地方で行っている方を対象とした、農業作業の副業支援サービス。

農業の有効求人倍率(新型コロナ前のデータ)は全国で1.71倍となっており、通常の職種よりも高い水準となっている。また新規就農者は微増している一方、新規で就農したものの3年以内に離職する人が35%もいるというのが現状だ。新規就農ではなく、正社員で採用した場合の離職率は約60%(同社調べ)となっている。

業界として、正社員を採用成功させるハードルは高く、採用決定ができたとしても定着しないという現実がある。新しい技術が開発され、人の作業が簡略化されてきてはいるものの、新しい技術を人の力で応用するということも求められている。

そんななか、「農 Side Jobs」は、一つの組織に属するのではなく、時間、場所を問わない働き方の多様化によって農業生産者の人材課題を解決すべく、サービス開始に向けてプレメンバー(仮名:農作業サポーター)を募集している。

農作業サポーターが受けられるメリットとして、農業の知識などが身につくこと、報酬とともに生産物もおすそわけしてもらえること、隙間時間に体を動かして副業ができることなどを挙げている。これらにより、生産者の人材不足を解消でき、お金では買えない体験や豊かな食事ができるとしている。


今回の初期メンバー募集については、関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)限定で、30名までとなっている。

農 Side Jobs
https://nosidejobs.studio.design/


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。