テレワーカー向け農業×副業サービス「農 Side Jobs」、関東限定でプレメンバーを募集中

農業生産者の採用支援をする株式会社West Fieldは、農業×副業のサービス「農 Side Jobs」のプレメンバーを募集中だ。人数は関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)限定で30名。


農 Side Jobsは、リモートワーカーやテレワーカーと、本業を在宅または地方で行っている方を対象とした、農業作業の副業支援サービス。

農業の有効求人倍率(新型コロナ前のデータ)は全国で1.71倍となっており、通常の職種よりも高い水準となっている。また新規就農者は微増している一方、新規で就農したものの3年以内に離職する人が35%もいるというのが現状だ。新規就農ではなく、正社員で採用した場合の離職率は約60%(同社調べ)となっている。

業界として、正社員を採用成功させるハードルは高く、採用決定ができたとしても定着しないという現実がある。新しい技術が開発され、人の作業が簡略化されてきてはいるものの、新しい技術を人の力で応用するということも求められている。

そんななか、「農 Side Jobs」は、一つの組織に属するのではなく、時間、場所を問わない働き方の多様化によって農業生産者の人材課題を解決すべく、サービス開始に向けてプレメンバー(仮名:農作業サポーター)を募集している。

農作業サポーターが受けられるメリットとして、農業の知識などが身につくこと、報酬とともに生産物もおすそわけしてもらえること、隙間時間に体を動かして副業ができることなどを挙げている。これらにより、生産者の人材不足を解消でき、お金では買えない体験や豊かな食事ができるとしている。


今回の初期メンバー募集については、関東地方(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・栃木)限定で、30名までとなっている。

農 Side Jobs
https://nosidejobs.studio.design/


SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  2. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。
  3. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  4. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  5. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。