農業IoT向けDIYキット「LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージ」が発売

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)と株式会社カウスメディアは、IoT向けの無線通信方式であるLoRaWAN®に対応した無線基地局の屋外での利用ニーズに応え、太陽光充電ができるようソーラーパネルや充電式バッテリーなどをセットにした「LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ」を共同開発。カウスメディアが2020年6月17日より、主に農業経営体向けに同社Webサイトで販売を開始した。

圃場のあらゆる場所で電源確保が可能に

クラウドなどのあらゆるネットワークソリューションを提供するIIJでは、水田の水位と水温を測定するIoTセンサーや、複数のセンサーからデータを収集してクラウドに送信するための無線基地局、測定値を遠隔からスマートフォンで確認するための専用アプリなどをセットにした「水管理パックS」を2020年3月より提供している。

同パックに含まれる無線基地局Kiwi Technology製「TLG3901BLV2」は、宅内や作業所などの屋内に設置することを想定しており、長距離(約1~2km)の無線通信が可能な無線方式LoRaWAN®に対応している。しかしながら、IoTセンサーを設置している圃場までの距離が遠い場合や、基地局と圃場との間に建物など遮蔽物がある場合には、データ通信が不安定になることがあり、無線基地局を圃場脇や空き地など屋外に設置するには、電源の確保が必要であった。

そこで、農業や一般家庭などあらゆる分野に小型ソーラーパネルを販売しているカウスメディアと共同で、利用者自身が組み立てられるよう必要部材をセットにした、安価な太陽光充電のDIYパッケージを開発。ソーラーパネル、充電式バッテリー、USB出力対応充電コントローラーなど、自身で安価に組み立てられるような必要部材のセットで構成されている。

同パッケージは「水管理パックS」と組み合わせての使用を想定しているが、河川監視や屋外インフラ設備監視など農業以外の用途にも活用できるという。

設置例

利用イメージ


製品概要

【製品名】
LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ

【構成品】
100Wソーラーパネル
55Ahディープサイクルバッテリー
USB出力対応充電コントローラー
各種ケーブル
ソーラーパネル取付金具またはソーラーパネル架台
防雨・防水ボックス(穴あけなど加工したもの)など
※単管パイプ、クランプ、結束バンドなどの追加部材、および単管ドリル、ハンマー、水平器などの設置用の道具類は、利用者が用意。

【部材のイメージ(一部)】
100Wソーラーパネル

55Ahバッテリー

電源ボックス

通信ボックス

鳥よけ

ケーブル保護チューブ

ダイヤルロック

【提供価格】
5万890円(税込)

【販売開始日】
2020年6月17日

【詳細・販売サイト】
カウスメディアの以下Webサイトで販売。
https://www.kausmedia.co.jp/shopbrand/ct107/


株式会社インターネットイニシアティブ
https://www.iij.ad.jp/ 
株式会社カウスメディア
https://www.kausmedia.co.jp/ 

「水管理パックS」詳細
https://www.iij.ad.jp/biz/iot-agri-paddy/package.html
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。