日本最大の農業展示会「第10回 農業Week」、予定通り10月に開催

リード エクジビション ジャパン株式会社が主催する「第10回 農業Week」が、10月14日から16日の3日間、予定通り開催されることが決まった。

新型コロナ対策を実施し予定通り開催へ

前回の会場の様子
農業Weekは農業や畜産に関わる企業が多数集まる日本最大の展示会だ。

農業に関わる資材が一堂に展示される「農業資材」、スマート農業植物工場など最新の農業技術が展示される「次世代農業」、加工・販売するための機器・サービスが集まる「6次産業化」、養豚・養鶏・養牛に関する資材・設備が展示される「畜産資材」の4展で構成され、東日本から農業法人、畜産農家、農協、農業への参入検討企業が多数来場し、出展企業と活発な商談が行わる場となる。

主催しているリード エクジビション ジャパンは、緊急事態宣言が解除されたことから、10月に予定していた「第10回 農業Week」を予定通り開催することを発表。開催にあたっては感染症の安全対策として、マスク着用、検温、会場の消毒といった、政府などが定めるガイドラインに沿って来場者や出展者の安全を確保しながらの開催になるという。

第10回 農業Week 開催概要

日時:2020年10月14日(水)~16日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:幕張メッセ
住所:千葉市美浜区中瀬2-1
料金:無料(招待券がない場合は入場料5000円)


第10回 農業Week
https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp.html
リード エクジビション ジャパン株式会社
https://www.reedexpo.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。