オプティムとルートレック・ネットワークス、 AI・IoTを活用したスマート農業分野で資本業務提携

AIIoTビッグデータのプラットフォーム事業を進める株式会社オプティムと、AI活用アグリテックベンチャーの株式会社ルートレック・ネットワークスは、AIやIoT、ロボティクスを活用したスマート農業事業を進め、農業生産のデジタル革命を目指し、資本業務提携を行った。


両者の技術を生かし農業にデジタル革命を起こす


オプティムはこれまでAI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして、AI・IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」を用い、農業や医療、建設などさまざまな産業において、「第4次産業革命」を実現すべく、AIやIoTの活用を推進してきた。特に農業分野では、ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジーに関する基本特許を取得・開発し、国内を中心にスマート農業事業に取り組んでいる。

いっぽう、ルートレックは、M2M(※)プラットフォーマーとして、エネルギー、ヘルスケアなど幅広い分野にM2Mソリューションを提供。農業分野においては、AI・IoTを活用した、パイプハウス向け養液土耕自動化システム「ゼロアグリ」を販売している。

「ゼロアグリ」を使った土壌環境制御により、最も経験と勘が必要とされるかん水と施肥をAIで自動化し、最適なタイミングで最適量のかん水・施肥を実施する事で、作物のストレスを低減し、農業者の収量や品質向上を実現。また、かん水・施肥のための労働時間を大幅に削減できることにより栽培規模の拡大を実現している。

このたび、オプティムとルートレックはAI・IoTを活用したスマート農業事業のさらなる展開を目指して、資本業務提携を行うことを合意。ルートレックは2020年6月24日に、オプティムを引受先とした第三者割当増資を完了した。

オプティムが提供するAI・IoT・ロボティクスを活用したスマート農業ソリューションおよびそれらの基盤となるAI・IoTプラットフォーム「OPTiM Cloud IoT OS」と、ルートレックが提供するAI・IoTを活用したかん水施肥の自動化技術を組み合わせ、スマート農業栽培技術の高度化や農業バリューチェーン全体のデジタル化を目指す。

提携による取り組み内容


今後の取り組み内容として、ルートレックが提供する「ゼロアグリ」と、オプティムが提供する圃場管理サービス「Agri Field Manager」および関連するAI、IoT技術群を連携させ、生育最適化かん水技術および収穫時期制御技術を実現するシステムの立案、共同開発、実証を行う。

さらに、オプティムが提供するプラットフォームサービス「Agri Earth(Powered by OPTiM Cloud IoT OS)」を基盤とした農業バリューチェーン全体のデジタル化とエコシステムの構築や、東南アジア地域における共同マーケティングにも取り組む。

両社のシナジーを最大限に発揮し、高度なスマート農業サービスの展開を通じて、国内の課題のみならず、東南アジア地域での水の枯渇問題や、多施肥による環境破壊など、農業の課題を解決して、農作物の生産性向上・安定供給、ならびにSDGsにも貢献していく。

※M2M:Machine to Machineの略、ネットワークで相互に接続された機械と機械が通信し、機能する仕組み。

株式会社オプティム
https://www.optim.co.jp/
株式会社ルートレック・ネットワークス
https://www.routrek.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。