ポケットマルシェ、「#豪雨被害で困っています」タグで生産者を応援

ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェは、九州地方をはじめとして各地に被害をもたらしている令和2年(2020年)7月豪雨を受け、登録生産者へのアンケートを実施。被害状況の把握に努めるとともに、被災した生産者が出品時に使用できる「#豪雨被害で困っています」タグをサービス内に設定した。


このタグは、被害に遭った生産者が食材を出品する際に使用可能で、商品説明文に豪雨による被害状況を明記することとしている。出品商品数は7月9日(木)16:00時点で29点、出品生産者は15名を超えており、豪雨被害による食品ロスフードロス)の削減のために、利用者にも活用してほしいとしている。

生産・出荷に関する被害状況を登録生産者にアンケート


7月6日(月)より実施したポケットマルシェ登録生産者2962名へのウェブアンケートで、令和2年7月豪雨による被害状況を確認。7月9日(木)現在、49名から届いた回答の状況は以下のとおり。

集計結果
被害あり……6名 (福岡県2名、熊本県2名、佐賀県1名、福島県1名)
被害なし……24名
被害状況不明……19名



生産に関わる被害 


生産に関わる被害としては、生産物の雨や水没により廃棄や収穫不能な状況に陥っているケースが報告されている。

  • トマトのハウスが水没し、トマトが全滅した(熊本県玉名市)
  • 畝上冠水で、現在萌芽しているアスパラは全て廃棄(福岡県三瀦郡大木町)
  • 大量の雨により根腐れが発生。キャベツの畑は冠水している部分があり、収穫ができず、割れてきている。 また、トマトの葉カビが深刻な状況(福島県須賀川市)
  • カボチャやズッキーニが受粉できず、結実しないため出荷できない。菊芋は徐々に水害で枯れている(福岡県築上郡築上町)


出荷に関わる被害


作物の収穫は可能だった生産者からは、物流の麻痺による出荷停止といった問題が浮き彫りにされた。

  • 収穫はできているが、鳥栖、久留米辺りの物流拠点が麻痺し、ストップもしくは遅れると聞いている。そのため、配送に困っている(佐賀県藤津郡太良町)
  • 収穫はできるものの、出荷が困難(熊本県球磨郡あさぎり町)

上記のアンケートに加え、豪雨被害に遭った生産者より、食品ロス(フードロス)の発生についての懸念の声も上がっている。

  • 取引先が被害にあってしまい魚の出荷がキャンセルになった(熊本県阿蘇郡高森町)
  • 収穫はできるが、直売所の休業等によりトマトの在庫が増えそう(福岡県筑後市)
  • ジュースを近隣の飲食店や取引先に卸しているが、コロナ禍に加えて今回の豪雨で、取り扱ってもらえる状況にない(熊本県水俣市)


生産者からの声 株式会社レッドアップ 林田裕美さん(熊本県玉名市)



  • 7月3日未明からの豪雨で、トマトのハウスが水没してしまいました。2反の大玉トマトと、4反のミニトマトが全滅しました
  • 今週末で今シーズンのトマトの収穫を終える予定だったものの、あと2回の収穫予定がありました。損害額は50万〜100万となる見込みです
  • トマトの販売はもうできませんが、加工品には被害がなかったので販売を続けます。お客様の喜びの声が励みになります

これらのアンケートへの回答以外にも、多数の生産者から被害の全貌がまだわからないという声が届いており、ポケットマルシェとしては詳細な状況がわかり次第、随時発信していくという。


「#豪雨被害で困っています」商品一覧
https://bit.ly/3gEr3g4



SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。