農林水産省、2020年度の「6次産業化アワード」募集を開始

農林水産省は、農業や水産業の6次産業化に向けた優良事例を表彰する「6次産業化アワード」の2020年度の募集を開始した。募集期間は2020年7月13日(月)~2020年9月11日(金)まで。

6次産業化や農商工連携に主体的に取り組む農林漁業者および組織・団体が対象。農林水産省は、「6次化に向けた取り組みを行う事業者を表彰することで6次産業化の推進を図りたい」としている。

出典:6次産業化アワード
農林水産省は、2020年度内に6次産業の市場規模を10兆円に拡大したい意向から、農林漁業者に対し異業種や地域と積極的にネットワークを構築するよう働きかけている。

2010年3月に施行された法律は、6次産業化に向けた取り組みを支援するために、地域資源を活用した新事業の創出や地域で生産される農林水産物の利用を促進するものとなっている。

農林水産大臣賞、農林水産省食料産業局長賞、審査委員会奨励賞の3賞を選考


「6次産業化アワード」は、同省が管轄する6次産業化推進協議会が主催する表彰イベント
募集する表彰の種類は、農林水産大臣賞(1点以内)、農林水産省食料産業局長賞(5点以内)、審査委員会奨励賞(数点)の3賞だ。

選考は、書類審査(2020年10月)、現地調査(2020年11月末)、最終審査(2020年12月)の順で行われ、ホームページで審査結果を公表した後(2021年1月)、表彰式(2021年2月12日)を開催する予定という。

2019年は茨城県つくば市の有限会社ワールドファームなどが受賞。ワールドファームは、若い担い手の育成と全国の遊休農地を活用した業務用野菜の生産・加工・販売などのビジネスモデルが評価された。

応募方法については、「専用ホームページにある応募様式に必要事項を記入の上、6次化に向けた実践内容が記載された資料等(3点以内)を合わせて事務局まで提出してほしい(郵送又は電子メール)」としている。
書類審査を通過した生産者や事業者には、4期分の財務諸表の提出も求める方針だ。

農林水産省は今回の募集にあたり、
「優良事例の表彰を通し、新たな視点で6次産業化に取り組む事業者を全国に紹介することで、6次産業化の推進を図り地域ネットワークの構築につなげることとします」
とコメントした。

募集要項


6次産業化アワード
期間:2020年7月13日(月)~2020年9月11日(金)
対象:6次産業化に取り組む農林漁業者および組織・団体
主催:6次産業化推進協議会

今後のスケジュール
・書類審査(2020年10月)、
・現地調査(2020年11月末)
・最終審査(2020年12月)
・審査結果の公表(2021年1月)
・表彰式(2021年2月12日)


6次産業化アワード専用ホームページ
https://www.e-toroku.jp/6jika_gpa_r02/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。