ポケットマルシェ、代表自ら全国を回る「REIWA 47キャラバン」開催

全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェは、同社の代表取締役である高橋博之氏が全国47都道府県を行脚する「REIWA 47キャラバン」を2020年7月からスタートした。

「REIWA 47キャラバン」は、高橋氏が参加者との対話を通じて生産者と消費者が直接つながり合う世界の未来を探るもの。東日本大震災の発生から10年が経とうしている中、新型コロナの影響下にある生産者と消費者のつながりを掘り下げたい考えだ。

ポケットマルシェは、全国の農家や漁師が生産する一次生産品を直接購入できるスマートフォンアプリ。
現在、3,000名以上(2020年7月時点)の農家・漁師が登録しており、7,000品を超える生産品と生産者のストーリーが提供されている。

ポケットマルシェの代表を務める高橋博之氏は、岩手県花巻市出身の事業家。2006年から岩手県議会議員を2期務め、東日本大震災後の2011年には岩手県知事選にも立候補したという。

事業家に転身した後はNPO法人や一般社団法人を立ち上げるなど震災後の生産者を支援する取り組みを展開。2016年9月に全国の生産者と消費者を直接つなぐプラットフォーム「ポケットマルシェ」をリリースした。

高橋博之氏

「生産者と消費者のつながり」をテーマにしたトークセッションを全国で開催


「REIWA 47キャラバン」は、高橋氏が全国の都道府県を行脚して、「生産者と消費者のつながり」をテーマに講演やトークセッションを行うイベントだ。

一部の都市では生産者が対面で食材を販売するリアルマルシェも開催される予定で、「オンラインとオフラインを融合した新しい都市型マルシェを開催することで、生産者と消費者をより深くつなげたい」としている。

過去に開催されたトークセッションの様子
過去に開催されたリアルマルシェの様子

開催スケジュール


<2020年>
7月:大分、熊本、山口(※開催済み)
8月:長崎、佐賀、福岡、栃木、埼玉、茨城
9月:福井、岐阜、愛知、山形、秋田
10月:岡山、島根、鳥取、千葉、神奈川、京都、滋賀、三重
11月:北海道、青森、沖縄、鹿児島、宮崎
12月:群馬、新潟、福島、石川、富山、大阪、奈良、和歌山

<2021年>
1月:長野、山梨、静岡、高知、徳島、兵庫
2月:香川、愛媛、広島、宮城、岩手
3月:東京
※ 変更の可能性あり。

同社は、開催にあたり「新型コロナウイルス感染症への対策としてオンライン参加のほか、入場時のアルコール消毒や入場制限等を徹底する」とコメントしている。
申込みは専用ホームページで受け付けているとのこと。


「REIWA 47キャラバン」専用ホームページ
https://47caravan.com/
株式会社ポケットマルシェ
https://www.pocket-marche.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。