「農機具高く売れるドットコム」、豪雨被害の農業機械を整備し海外で再利用販売

株式会社MEトレーディングは、2020年7月に発生した「令和2年7月豪雨」で被災を受けた農業機械を買取・再利用して海外向けに販売するプロジェクトをスタートした。

同社はプロジェクトの開始にあたり、「被災農家の経済的負担の緩和や農業機械の再利用による持続可能な社会形成を目指す」とコメントした。


MEトレーディングは、2020年4月に設立された株式会社マーケットエンタープライズの100%子会社。
株式会社旺方トレーディングから譲渡を受けた中古農機の買取・販売・海外輸出事業を展開し、現在は世界80カ国を超える国での販売実績を有する。

マーケットエンタープライズは、 ネット型リユース事業を中心にメディア事業やモバイル通信事業を手がける企業で、農業分野では中古農機の買取ビジネス等を展開する。

豪雨災害による浸水被害で多くの農業機械が被災


昨今の記録的大雨や大型台風の影響は、農業生産者にも甚大な被害を及ぼしており、2020年7月に発生した「令和2年7月豪雨」の被災地では、浸水した多くの農業機械が引火等の危険性からエンジンを始動できずにいるという。

マーケットエンタープライズでは、過去に発生した「西日本豪雨」や「令和元年房総台風」の際にも、浸水被害を受けた農機の買取について被災農家から相談を受けていたが、販売先の確保などの課題から対応を見送ってきたという。

損傷を受けた農機を買取してメンテナンス後に海外市場で販売


今回のプロジェクトは、「豪雨災害で損傷を受けた農業機械を農家から買取して、メンテナンス後に海外市場で販売する」というもの。

買取対象となる農機は、トラクターやコンバイン、田植機などの大型農機やエンジン式の小型農機などで、買取に関する一連の手続きは、同社の親会社であるマーケットエンタープライズが対応するという。

買取の申込みは、ウェブサイト「農機具高く売れるドットコム」ほか下記の電話番号で受け付けているとのこと。
(電話番号0120-559-587 /受付時間9:15~21:00)

同社は、世界80カ国を超える中古農機の取引実績をもとに、可能な限り高い金額での買取を実施していきたい考えだ。


農機具高く売れるドットコム
https://www.noukigu-takakuureru.com/
株式会社マーケットエンタープライズ
https://www.marketenterprise.co.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。