世界初のスマート体験農園サービス「Root Farm あしがら」が会員募集を再開

体験農園の運営を行いながらAIIoTを用いたシステム開発を展開する株式会社Rootは、農業を疑似体験できる世界初のスマート体験農園「Root Farmあしがら」の会員募集を再開した。

「Root Farmあしがら」は、農産物の収穫体験や収穫した農産物の直送等をコンテンツに、田んぼや畑の“今”がオンラインとオフラインで体験できるサービスである。料金は、配送収穫会員が2万4000円/年で、自分の区画で栽培が楽しめるマイブロック会員が3万6000円/年(前年からの継続希望者のみ)となっている。


Rootは、神奈川県足柄市で体験農園の運営ほか、AIやIoTを用いたシステム開発を行う農業スタートアップ企業。同社では、代表取締役である岸圭介氏自らが、稲作や畑作、レモン栽培、体験農園の運営を行いながら、IoTやAIを用いたシステム開発を行っている。2020年4月には、リアルな罠猟と森の営みが体験できるサービス「マイわな体験サービス」の提供を開始した。

実際の農業体験とウェブ上での農業体験が連動したサービス


「Root Farmあしがら」は、実際の農業体験とウェブ上での農業体験を組み合わせたサービスである。

実際の農業体験では、 ジャガイモ、カボチャ、スイカ、メロンなどの夏野菜や人参、大根、白菜やニンニクなどの冬野菜の収穫が年6回の配送と併せて体験できるという。神奈川県南足柄市にある農園では、駐車場やレストハウスなどの施設のほかヤギの飼育を行うスペースも併設され、収穫の際には休憩や料理なども楽しむことができるそうだ。

ウェブ上での農業体験では、 同社のスマート体験農園サービスである「はたけあそびネット」を通じて、画像や動画、VRなどの畑の映像コンテンツや気象データ分析、収穫予測シミュレータが使用できるほか、野菜やヤギとのAIチャットなどが楽しめるとしている。

Rootは、「Root Farmあしがら」 の運営やスマート体験農園システム「はたけあそびネット」の提供を通じ、自然に根差した豊かな暮らしの味わいを届けていく考えだ。


株式会社Root
https://root-farm.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。