スマート水田サービス「paditch」がガラケーに対応

株式会社笑農和は、スマートフォンを持たない層や高齢者からのニーズにこたえ、2020年9月よりスマート水田サービス「paditch(パディッチ)」の電話操作サービスを開始した。これにより、フィーチャーフォン(ガラパゴスケータイ、ガラケー)からでも利用可能となる。

9月中旬現在、対応しているのは「paditch gate02+」。本体価格は16万円(税抜)で、別途年額1万3200円の「基本使用料」「IoTサービス接続料」がかかる。


水田の水管理を省力化

スマート水田サービス「paditch」は米農家の就農人口の減少なども懸念されている現在、持続可能な米づくりを実現するために、農作業工程で一番時間と労力を使う工程を遠隔操作化した製品だ。豪雨時や夏場の高温時にリスクを冒して水門・バルブの調整をしにいく必要がないため、農作業事故の防止にもつながるという。

paditchにできること

1.手元のスマートフォンやPCから水位水温を把握でき、開閉操作することで、今まで水管理に割いていた時間を省力化することが可能。
2.データをクラウド上で管理しており、情報の蓄積が可能。
3.蓄積したデータを分析し収量や収益比較、品質アップにも使用することが可能。

高齢者には操作が不安という声も

昨年度の農業従事者168.1万人のうち、65歳以上が118.0万人で約70%が高齢者となっている。

農林水産省 農業労働力に関する統計

また、携帯電話を所有している60歳~70歳の男女を対象にした利用割合調査では、2019年のスマートフォンの利用者は68.5%、フィーチャーフォンの利用者は31.5%。調査結果からスマートフォン利用者は年々増えていることがわかるが、操作に不安があるという声もあることから、プッシュ操作を導入することによりpaditch導入へのハードルが下がることが期待されている。


MMD研究所 シニアのモバイル利用推移調査

スマホやパソコンがなくても操作が可能に

今回、電話操作サービスを開始した「paditch gate02+」は、従来はパソコンやスマートフォンからの操作が可能であったが、指定の電話番号に電話をかけ、音声に従いプッシュ操作を行うだけで、「paditch gate02+」の開閉および、現在の圃場状態の確認が可能となる。



音声で圃場の確認が取れることにより、視覚障害者の農作業の補助的役割を担うこともでき、農業分野への障害者雇用参入も期待される。将来的には音声のみで操作ができるよう開発を進めている。


株式会社笑農和
https://enowa.jp/
paditchオンラインストア
https://paditch.com/store/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。