農産物出荷用の梱包資材を「agmiru」で販売開始

株式会社ダンボールワンとSBテクノロジー株式会社、リデン株式会社の3社は、梱包材プラットフォーム「ダンボールワン」と農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」を連携させた新たなサービスをスタートした。

このサービスは、農産物の発送等に使用されるダンボール箱や緩衝材などの梱包材を、農業プラットフォームである「agmiru(アグミル)」で販売するものだ。


ダンボールワンは、規格サイズのダンボール資材やオーダーメイド等の梱包材を販売する梱包材プラットフォーム。
日本全国のダンボール製造会社や梱包材メーカーと提携した業界最大規模の工場ネットワークを有する。
同社は工場の非稼働時間を最大限に活用することで、最大90%のコスト削減を実現。個人や企業など幅広いユーザーを対象に、 高品質なダンボールや梱包材を低価格で提供している。

2020年8月に行われた東京商工リサーチの調べでは、ダンボールや梱包材を専門に扱う国内の通販ECサイトの内、トップのシェア率だったそうだ。

「ダンボールワン」のサービスイメージ

「agmiru(アグミル)」は、SBテクノロジーとリデンが出資・運営する農業プラットフォームで、農業資材の比較が簡単に行えるマッチングサービスである。
2019年8月には、 データ活用による確実性の高い農業経営を実現する農業プラットフォームとしてリニューアル。
現在は、従来の農業資材の比較・購入サービスに加え、 農業ニュースや農家コミュニティ、 市況情報などのサービスを提供する。

「agmiru(アグミル)」のサービスイメージ 

農産物の発送用ダンボール箱や緩衝材など約100点の販売を開始


「agmiru(アグミル)」では、これまでも農業関連各社による農業資材や農薬、肥料等の出品・販売を行ってきたが、ダンボールや緩衝材など農産物の出荷に向けた資材の取り扱いはなかったという。

今回の連携は、農業者の出荷へのニーズに対応したもので、農産物発送用のダンボール箱ほか緩衝材など約100点の販売がスタートしている。今後もユーザーの要望を取り入れた商品開発を行い、 商品ラインナップの拡充を進めていく考えだ。


株式会社ダンボールワン
https://danballone.com/
農業プラットフォーム「agmiru(アグミル)」
https://agmiru.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。