最先端のスマート農業実施企業が集結「スマートアグリシンポジウム2019」、3月7日に開催

日本農業情報システム協会は、3月7日(木)に日比谷図書文化館コンベンションホールにて、「スマートアグリシンポジウム2019」を開催する。定員は200名で事前申し込みが必要。参加費は1000円。


日本農業情報システム協会は、スマート農業によって農業の活性化に貢献するべく、スマート農業を手がける企業が集まり誕生した団体。スマート農業に関する相談や、講演・研修講師の派遣などを行っている。

今回のシンポジウムでは、農業の課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む企業が、最先端のソリューション、センサー、サービス、そして農業ITの未来について語る。

イベント概要
日時:2019年3月7日(木) 13:30~17:00(13:00開場)
場所:日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
参加費:1000円
定員:200名
申し込み:https://everevo.com/event/47130
主催:日本農業情報システム協会
内容:
13:00 開場
13:30 開会
ゲストトーク「スマート農業への期待(仮)」
13:40〜15:10 セッション1テーマ「スマート農業の過去・現在・そしてこれから」
パネリスト5名とモデレーターによる公開討論です。流通、小売、農業ITサービス提供者、生産現場等様々な立場からスマート農業のこれまでの軌跡と現在のスマート農業の立ち位置、未来の可能性について議論を行います。
ファシリテーター:植村春香(NPO法人農業情報総合研究所 理事長)

登壇企業:
○寺坂農園株式会社[代表取締役]寺坂祐一
「農家が現場で作った通販管理システム」

○株式会社セラク[事業部長]持田宏平
「農業IT ”みどりクラウド” の進化〜農業のデータ化からデータを活用する農業へ〜」

○株式会社ソフトビレッジ[代表]片岡幸人
kintone(キントーン)を活用したオーダーメードシステム「営農者の環境に寄り添ったICTサービスを目指して」

○株式会社アイエスエイ[ソリューション事業部]油川隆史
「農業IT化は、ももことあやかで出来ること広がる、拡がる」

○株式会社マイナビ[執行役員農業活性事業部・事業部長]池本博則
「スマート農業推進のためのこれからの人材育成・戦略について」

15:20〜16:50 セッション2テーマ「そこが知りたいスマート農業」
パネリスト5名とモデレーターによる公開討論です。
スマート農業の具体的なマネタイズの方法や、現実的なサービスの活用方法など、農業従事者だけでなく一般の方が疑問に感じているトピックについて会場でリアルタイムにアンケート集計を行い、集計結果についての議論を行います。
ファシリテーター:橋本亜友樹(さつまいもカンパニー株式会社 代表取締役)

登壇企業:
○有限会社トップリバー[専務]嶋崎田鶴子
「トップシステムからスマート農業」

○株式会社アイエスビー東北[取締役]岩佐浩
「作業動線の可視化と作業安全」

○株式会社NPシステム開発[システム開発本部・本部長]大野浩一
「web-WatcherR」の取り組みについて

○freee株式会社[業界専任チーム 第1次産業 主担]森成徳
農業経営改善と、fintechベンチャーが目指す役割」

○九州大学[大学院農学研究所・准教授]岡安崇史
「ICTを用いたイチゴの省エネ栽培・収量予測技術の開発」

16:50 クロージング

<参考URL>
JAISA スマートアグリ・シンポジウム 2019 in 東京

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。