腕上げ作業専用のアシストスーツ「TASK AR2.0」の農業者向けレンタルが開始

株式会社ダイドーは電力不要の上向き作業の負担を軽減する腕上げ作業専用アシストスーツ「TASK AR2.0」のレンタルを株式会社藤原農機が運営する農機具レンタルサイト「agriz(アグリズ)で開始した。料金は送料・税込で、1泊2日が1万1000円、6泊7日が2万900円、1カ月が4万8400円。

レンタルの方法および使用方法の説明について、宅配でのやり取りをベースに、Web会議システムを使用してレクチャーを実施する予定。ダイドーは、「TASK AR2.0」のレンタル開始にあたり、「省力化が求められる農業現場での普及が進むように、1日からのレンタルプランを導入した」とコメントした。

「TASK AR2.0」を装着したブドウの袋かけ作業の様子
ダイドーは、機械工学や電気工学、電子工学、情報工学等の技術を融合したメカトロニクス製品を中心に、さまざまな分野のニーズやシーズを組み合わせた製品・システムを提供する企業。各産業分野の製造メーカーが生産ラインで使用する設備の設計等も手がける。

藤原農機は、和歌山県日高郡みなべ町で農業機械の販売・修理等の事業を展開する地域企業。国内主要メーカーが開発した新品農機の販売ほか農機の宅配レンタルサービスや中古農機の買取サービス等を提供する農機専門の通販サイト「agriz(アグリズ)」を運営する。

ガス圧力でアシストする「ガススプリング方式」を採用


「TASK AR2.0」は、上腕および肩回りの負担軽減・作業の継続化を目的に開発されたアシストスーツ。本機には充填したガスの圧力を利用して動力を発生させるガススプリング方式を採用した。本体重量は3.9kgでサイズはフリーサイズの1種類のみ。

藤原農機の地元である和歌山県みなべ町の農家が実際に使用した例では、梅の剪定作業やトマトの誘引作業、ブドウの袋かけ作業を中心に負担の軽減が確認できたとのこと。

梅の剪定作業の活用事例
トマトの誘引作業の活用事例
「TASK AR2.0」は、2019年2月の販売開始以来、上肢災害を防ぐツールとして建設業を中心に多くの作業現場で活用されてきた。ダイドーは、「リンゴやナシなどブドウ以外の果樹栽培でも活用が見込める」としている。


株式会社ダイドー
https://daydo.jp/product_task_ar1.html
株式会社藤原農機
https://company.fujiwara-nouki.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。