持続可能な有機培土「ココカラココピート」を導入したイチゴの養液栽培事例が公開

持続可能な農業生産を目的に施設園芸向けの有機培土「ココピート」の製造・販売を手がけるココカラ合同会社は、兵庫県淡路市で「空飛ぶいちごハウス」として人気のいちご狩り観光スポット、グリナリウム淡路島でのイチゴ栽培事例を公開した。


ココカラは、同社の代表である大原秀基氏とインド人物理学者のアルール・ムルガン氏が設立したサステナブルアグリテックカンパニー。世界最大のココナッツ産地である南インドから、高い保水性と優れた排水性を誇るココピート製品を提供している。

公開した内容は、グリナリウム淡路島で今春初の収穫を迎えるイチゴの養液栽培の様子をインタビューしたものである。

グリナリウム淡路島
グリナリウム淡路島のイチゴ栽培に導入されている「ココカラココピート グローバッグ(TP2)」

従来のココピートと比べて排水性を高く維持


施設園芸の養液栽培に使用する培土は、ココピート、 ロックウール、 ピートモスの3つが主流といわれている。その中でもココピートは、再利用できるなど環境に優しい特性から、ヨーロッパを中心に約80%の栽培施設で使用されている。ココカラが開発したココピートは、粘土化の進行を抑え、排水性が高く維持が可能なため、使用年数が長い。

3つの特性
  1. ココピート栽培の課題である「均一性と安定性」を実現
  2. SDGsの達成に貢献する体制基盤を構築した南インドの拠点で開発
  3. サステナブルな製品デザインで廃棄コストや入替作業コストを大幅に軽減

グリナリウム淡路島で導入された「ココカラココピート グローバッグ(TP2)」は、厳選したココナッツ殻の内皮から取れる上質の繊維と粒のみを加工して製造した養液栽培専用の有機培土。

グリナリウムでは当初、ロックウールの無機培土や他社のココピートを使用していたが、専門業者による埋め立て廃棄コストの上昇や環境面への配慮からココカラココピートの導入を決定したという。


ココカラでは、「農業生産の安定性を実現する課題解決の第一歩は園芸培土にある」として、栽培データを活用した循環型農業の実現に向けた取り組みを継続すると同時に、今後も栽培環境別の事例を公開していく。


グリナリウム淡路島での活用事例
https://cococara.jp/20210315-01/
ココカラ合同会社
https://cococara.jp/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 田牧一郎
    たまきいちろう。68歳。日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  2. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  3. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  4. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  5. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。