食のスター養成所「よしもと47食プライド」プロジェクト始動

日本には多様な食文化があり、地域によって特産品や名産物も地域によって多岐にわたる。しかし全国的認知を得る特産物や名産品はまだまだ少なく、商品企画や販路、プロモーション活動、PR活動の内容には多くの課題が残る。

現状を解決すべく、2019年5月15日におやつエンタテイメント製造会社である株式会社ESSPRIDE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川世一)と、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(代表取締役社長:岡本昭彦)が共同で「よしもと47食プライド」プロジェクトをスタートさせた。


よしもと47食プライドとは

「よしもと47食プライド」は、多数の人気芸人を抱える吉本興業株式会社と、おやつを中心に毎年数千の商品のプロデュースを手がける株式会社ESSPRIDEがコラボして進める食の一大プロジェクトだ。

47都道府県それぞれの食文化の豊かさ・素晴らしさを再認識し広く発信していくこと目標に、両者の持ち味を生かし地名度が低い地域の特産物・名産品の認知を広げていく。

エスプライドは全国の社長をお菓子にした「社長チップス」のプロデュースなど、卓越した企画力で多くのヒット商品を生み出している。多数の人気芸人を抱えるよしもとクリエイティブ・エージェンシーとコラボすることで、今までになかったユニークなメニューや商品、プロモーションを行う考えだ。

プロジェクト概要

具体的なプロジェクトの内容は下記の通りだ。

1. 認定事業
全国各地の優れた「製品」「フードメニュー」「食材」など、各種「食」にプライドを持つ商品を独自の基準で審査し認定を行う。認定証贈呈、認定マークの活用などを通じ、広くPR活動をする。

2. メニュー開発事業
各地の食材を生かしたオリジナルメニューを、元料理人の経歴やプロ級の食に関する知識を持つ食のエキスパート芸人が考案する。お店の特性を生かしながら生産者・芸人が一丸となり、美味しく面白いメニューを開発し、販売・PRまでサポートを行う。

3. 商品開発事業
よしもとオリジナルのユニークな視点で、新商品開発・リブランディングする。
味の見直しからパッケージデザインまで幅広くサポートし、よしもとエンタメショップを中心に販売ルートの拡大を図る。

参加する吉本芸人一覧

<バンビーノ>

<ミキ>

<ゆりやんレトリィバァ>

<スイーツなかの>

PR内容と販路

吉本芸人によるPR活動は以下の通りだ。

・記者会見、イベント
・公式HP掲載
・公式SNS、芸人のSNSによる告知
・料理雑誌・旅行雑誌の特集掲載

PR活動は人気芸人の知名度とメディアへの露出や、芸人のSNSによる告知、公式HPへの掲載、よしもと主催の大型イベントなど。販路として全国5つの地域に直営展開する「よしもとエンタメショップ」や、小売各社での販売(百貨店・ターミナル駅/空港・GMS等)、商社各社での催事が挙げられる。


よしもと47食プライド商品開発第一弾として「株式会社高山堂×ゆりあんレトリィバァ」のプロモーションムービーも完成。明治20年創業の老舗和菓子メーカーである高山堂と人気女性芸人ゆりやんレトリィバァが、新たな大阪の名物土産づくりに挑戦する。


当プロジェクトでは現在2019年度のエントリー企業を募集している。詳細は下記の通り。

【募集期間】認定事業 2019年7月31日まで、 メニュー開発・商品開発事業 2019年6月28日まで。
2019年度は、認定商品を約50商品、メニュー開発によるコラボメニューを10商品、商品開発によるオリジナル商品・10商品の展開を予定している。展開が決定した商品は2019年9月実施予定の記者会見にて発表される。

【「よしもと47食プライド」応募に関する問い合わせ先】
よしもと47食プライド事務局担当:かしむら、小林
TEL: 03-3479-3610
MAIL: info@yoshimoto47foodpride.com

<参考リンク>
「よしもと47食プライド」公式サイト
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 山田正美
    大阪工業大学大学院修了。福井県職員として、農業試験場研究員、専門技術員、農業技術経営課長、農林水産部技幹を経て退職。現在、日本生産者GAP協会常務理事、日本農業サポート研究所主席コンサルタント。
  2. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  3. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  4. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  5. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。