JAグループが新規事業を創出する場「AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)」開設

2019年5月27日、全国農業協同組合中央会をトップとするJAグループは、新たな事業を創造するオープンイノベーションを実現する拠点として、イノベーションラボ「AgVenture Lab」(アグベンチャーラボ)を東京都千代田区・大手町に開設した。


「次世代に残る農業を育て、地域の暮らしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトに、 スタートアップ企業やパートナー企業、大学や行政等と協創しさまざまな知見やテクノロジーを活用。新たな事業創出、サービス開発、社会課題の解消を目指す場として活用していく方針だ。

JA全中会長 中家徹氏の挨拶

一般社団法人AgVenture Lab(代表理事 荻野浩輝氏)が運営する同ラボは、JAグループ(JA全中、JA全農など)8つの団体の人材から社員を登用・構成している。

オープニングパーティーで社員代表として挨拶をしたJA全中会長の中家徹氏は、
「現在はリスクが高まっている非連続の時代で、破壊的イノベーションが起きている。こうした中でチャンスを見出すため、オープンイノベーションに踏み出すことにした。全国8連の英知を集め、大きなイノベーションを生み出していきたい。スタートアップ企業、行政、大学とともに息の長い協力とオープンイノベーションをJAグループの成長につなげ、社会課題の解決とその先の未来に豊かで安心して暮らせる社会を実現したい」
引用元:農業協同組合新聞 電子版
と決意を述べた。

「AgVenture Lab」(アグベンチャーラボ)のミッション

同ラボは活動を通じた外部企業や団体と連携することで、第一次産業や地方が抱えるさまざまな社会的課題の解決に向け、新たな価値を創出することを目的の柱としている。

AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)が創出する5つのチャレンジ以下の通りだ。
  1. 農林水産業の高度化と効率化
  2. パーキングサービスの高度化と効率化
  3. 食の安全確保とバリューチェーン革新
  4. 暮らしサポートの充実
  5. 都市と地方をつなぐ(地方創生)

東京都のオフィス街に建つビルの9階にあるラボは、メンバー同士が互いの気配を感じながら新たなイノベーションを生み出せるように空間を完全に仕切らないオープンスペースなつくりとなっている。「農業」と「TeC」の融合をイメージし、木やグリーン、曲線を用いると共に、映像や光の演出やスタジオのような空間づくりも行っている。

出典元:農業協同組合新聞 電子版

同ラボは今後イベントなども開催し、コミュニケーションが活発に行き交う場として活用される予定だ。

<参考リンク>
AgVenture Lab (アグベンチャーラボ)HP
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. かくやさゆり
    サンマルツァーノトマトに出会い家庭菜園を始めた半農半ライター。農業、食、アウトドアを中心にライターとして活動中。主に固定種の野菜を育てています。
  2. 川島礼二郎
    川島礼二郎(かわしまれいじろう)。1973年神奈川県生まれ。筑波大学第二学群農林学類卒業。フリーラインスの編集ライターとして、テクノロジーをキーワードに、農業雑誌・自動車雑誌などで執筆・編集活動中。
  3. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  4. 杉山直生
    すぎやまなおき。1988年生まれ。愛知県で有機農業を本業として営む。「伝えられる農家」を目指して執筆業を勉強中。目標は、ひとりでも多くの人に「畑にあそびに行く」という選択肢を持ってもらうこと。「とるたべる」という屋号で、日々畑と奮闘中。
  5. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。