「スマート米」が毎月届く定期購入カードが、百貨店「佐賀玉屋」にて期間限定販売中

佐賀市にある老舗百貨店、佐賀玉屋の南館2階 友の会サロンにおいて、オプティムスマート農業技術を用いて栽培したお米「スマート米」が定期購入できるカードの販売を、6月5日(水)から約1カ月の期間限定で実施している。定期購買では、定価の約22%が値引きとなり、6カ月分を送料無料で毎月届けてくれる。

「スマート米」定期購入カードイメージ

スマート米は、オプティムの特許技術「ピンポイント農薬散布テクノロジー」によって栽培されたお米。2018年は同技術を用いて、福岡県、佐賀県、大分県の九州3県に加え、青森県、千葉県などでも栽培され、現在インターネット直販サイトを中心に販売中だ。

特に2018年収穫のスマート米については、ドローンによる圃場撮影とAIを用いた画像解析により、病害虫に対する農薬散布の必要性がないと判断。そのため、実質的に栽培期間中は農薬を一切散布することがなかったのが、今回佐賀玉屋で販売される佐賀県産の「さがびより」だ。第三者機関による残留農薬検査でも、「不検出」という結果が出ている。

■関連記事
2018年産スマート米の残留農薬、 第三者検査機関の調査で「不検出」

赤ちゃんや子ども、親しい友人などに、安心で安全なお米を毎月届けられるカードのかたちで、ギフトとして利用してみては?

<参考URL>
「スマートアグリフード直送便」Webサイト
Yahoo!ショッピング「スマートアグリフード直送便」Webサイト
Amazon「スマート米」販売ページ

SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。