神戸市、肥料価格高騰対策として再生リンを配合した「こうべハーベスト」の購入支援を開始

神戸市は、東灘区にある下水処理場で回収した汚泥の中に含まれるリン成分「こうべ再生リン」を活用して、環境保全型農業の推進や肥料価格高騰の影響を受ける農業者の支援に取り組む「KOBEハーベストプロジェクト」を開始した。

「KOBEハーベストプロジェクト」の概要図

「こうべ再生リン」は、神戸市と水ing株式会社が確立したリン回収の手法を用いて抽出したリン酸マグネシウムアンモニウム。化学肥料に含まれるリン成分と同様、植物の発芽や開花、結実を促す効果があるのが特長で、肥料の原料としては元より、単体で使用しても効果を発揮する。

東灘処理場にあるリン回収設備

東灘処理場の汚泥の中から抽出した「こうべ再生リン」

「こうべハーベスト」の購入費用を補助


「KOBEハーベストプロジェクト」は、「神戸市農業生産資材高騰緊急対策支援事業」の一環で実施する農業者向けの支援策である。

詳細は以下の通り。

1)対象者
・市内の農業生産者等(集落営農組織、農業法人農福連携法人)
・神戸市の学校給食用米「きぬむすめ」を出荷販売する農業生産者
2)支援内容
作付面積10アール当たり8袋に相当する金額を上限に、「こうべ再生リン」を20%使用した園芸用肥料「こうべハーベスト10-6-6-2」の購入費用を補助。(1袋20kg3270円)


・作付面積10アール当たり2袋に相当する金額を上限に、「こうべ再生リン」を15%使用した水稲用肥料「こうべハーベスト水稲一発型」の購入費用を補助。(1袋20kg3270円)


3)その他
・「こうべハーベスト」の利用拡大に向けたPR・取り組みの支援。
4)申し込み先
・北区在住の方(JA兵庫六甲神戸北営農総合センター又は北区の各支店)
・北区以外に在住の方(JA兵庫六甲神戸西営農総合センター又は西区、須磨区、垂水区の各支店)
5)申し込み期間
・2022年8月24日(水)~20229月30日(金)

日本は化学肥料の原料のほぼすべてを輸入に頼っているが、全国の下水処理場から排出される汚泥には、国内の農業で使用するリン成分の約2割に相当する約5.1万トンのリン成分が含まれているという。

神戸市は今回のプロジェクトを通じ、地域資源を活用した農業生産への移行を促していきたい考えだ。


神戸市農業生産資材高騰緊急対策支援事業
https://www.city.kobe.lg.jp/a67688/202206hosei.html
水ing株式会社
https://www.swing-w.com/
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  2. 田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  3. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  4. 福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
  5. 窪田新之助
    農業ジャーナリスト。福岡県生まれ。日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーをテーマにしたグローバルイベント「AG/SUM(アグサム)」プロジェクトアドバイザー、ロボットビジネスを支援するNPO法人Robizyアドバイザー。著書に『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』『GDP 4%の日本農業は自動車産業を超える』(いずれも講談社)など。