産直卸売の北海道産地直送センター、初の直売所「産直市場」と直営EC店をオープン

北海道特産品の産直卸売事業を手がける株式会社北海道産地直送センターは、北海道北広島市に初の直売所となる「産直市場」をオープンした。7月19日からは、直営EC店「産地直送センター」も設け、全国の一般消費者に向けたネット通販も開始している。




北海道の豊かな「食」を全国の一般消費者へ

同社は創業以来、約20年に渡って北海道内で独自の仕入れルートを開拓し、提携先の生産者から大都市圏の小売店・飲食店へと仲買いを通さずに直送販売する卸事業や、会員限定通信販売などの産地直送事業を展開してきた。

北海道産の新鮮な食材を厳選し、生産者の情報を付して直接売り場へと届ける取り組みは、こだわりの食材をベースに、他社との販商品やメニューの差別化を図りたい飲食店舗などから高い評価を得ているという。

一方で、近年の北海道物産・旅行への人気の高まりに加え、提携農場小松ファームの「朝採れグリーンアスパラ」がメディアで紹介され注目を集めたことをきっかけに、一般消費者からの「商品を直接購入したい」との声も増えてきたとのこと。

これらの要望を受け、同社では2019年7月に初の直営店舗となる「産直市場」及び、直営ネットショップの「産地直送センター」を立て続けにオープンする運びとなった。

店舗内では、新鮮な海産物や農産品が豊富に出そろう中、消費者が自身の目で品質や鮮度を確かめながら、直売所価格での買物を楽しめる。

同社は、これらの事業を通して北海道の「食」の魅力を発信するとともに、生産者と全国の一般消費者を繋ぐ「食」のプラットフォームとして、北海道から全国に「旬」の味や豊かな食文化を届ける方針だ。


北海道産地直送センター「産直市場」店舗概要

【営業時間】10:00~18:00
【定休日】月曜日
【住所】〒061-1112 北海道北広島市共栄362-21
【TEL】011-372-9050
【アクセス】
札幌都心部や新千歳空港からのアクセスに便利な国道274号・北海道道46号江別恵庭線沿い(地方発送も可)




【商品ラインアップ】
海産物:カニ・鮭・うに・いくら・昆布・サンマ・ホタテ・海老・タコ・タラコ・数の子・干物 他
農産物:メロン・とうもろこし・アスパラ・じゃがいも・玉ねぎ 他
畜産品:牛肉・豚肉・鶏肉・鹿肉・ジンギスカン・ハム・ソーセージ 他
スイーツ&加工食品:チーズ・バター・ヨーグルト・お菓子・調味料 他
※季節商品を含む


北海道産地直送センターの人気商品紹介

幻の富良野メロン「キングルビー」

芳醇な香りと濃厚な果汁、シャキッと程よく引き締まった果肉が特徴。糖度は平均16度前後(通常13度前後)。北海道富良野町の名産「赤肉メロン」の中でも、特に甘く美味とされる品種「キングルビー」。栽培の難しさから稀少性が高い上に種の生産が既に終了したため、あと数年で姿を消してしまうかもしれない幻のメロンだ。



白いとうもろこし「雪の妖精」

見た目の美しさや、糖度15~17度という強い甘味が人気の白とうもろこし。富良野産で早朝採りの大きめL~LLサイズ10本セットでの販売となる。シャクッとした食感の良さがありながら、粒皮が柔らかいため歯に挟まりにくく食べやすいのも魅力の一つだ。



小松ファームの「新冠産朝採れグリーンアスパラ」

競走馬産地で有名な新冠町産の極太アスパラガスは、高級有機馬糞堆肥を使用して育った、安全でヘルシーな甘味濃厚・食感抜群の逸品。テレビで紹介されて人気に火が付き、楽天でのテスト販売ではアスパラ部門ランキング1位を獲得した実力商品だ。



北海道ミルキーロールの「ロールケーキ切り落とし」(冷凍)

「北海道ミルキーロール」のカット不具合や切れ端部分などの規格外品も販売。甘さ控えめでコク深く濃厚なクリームに蜂蜜を混ぜて焼き上げ、ふんわりきめ細かな和風生地で巻き込んだ香り高いロールケーキ。夏は冷凍のままアイスケーキとしても。



特選「ボイルたらば蟹脚」(冷凍)

漁獲量の減少が続く貴重な「本たらば蟹」の中でも、身入り抜群・甘み濃厚で瑞々しくツヤのある特選品。極寒の海で漁獲してから間もない新鮮な蟹を茹で上げたのちに、「トンネルフリーザー」による急速冷凍で旨味を凝縮した。瑞々しくツヤのある蟹肉がぎっしりと詰まった、甘み濃厚な一級品たらば脚だ。



天然「沖獲り紅鮭」(冷凍)

荒波の中で漁獲した「沖獲り品」と尊ばれる稀少な天然の紅鮭は、身の色の鮮やかさと抜群の脂乗りの良さが特長だ。銀色の皮の輝きが美しい獲れたての紅鮭を加工し、瞬間冷凍をかけた、食べやすい2切れごとの真空パック品。塩焼きのほか、ムニエルやバター焼き、鍋料理用にも。



一番手「いくら醤油漬」(冷凍)

新鮮な素材の味を生かすため「一番手」と呼ばれる高品質な鮭卵を、控えめに醤油漬けした。いくら丼3~4杯分250g入り。獲れてから加工するまでの時間が短いため、皮が非常に柔らかい上に口の中に残りにくく、食感のよい仕上がりに。



通がうなる身の味わい「本ししゃも オス30尾」(冷凍)

世界でも北海道のわずか16本の河川のみでしか漁獲されない、非常に稀少な品種「本ししゃも」は30尾入。脂乗りが非常によく身は柔らかで、焼くと香ばしい香りが食欲を誘う一品。オスはメスと比べて体が大きく、身の味わいが勝るとも。



特大「数の子松前漬」(冷凍)

数の子・するめいか・昆布を醤油ベースのタレに漬け込んだ、北海道の郷土料理「松前漬」。高級昆布「がごめ昆布」や北海道産優良品「真昆布」、特大数の子が入っている。素材の味と調和するよう、特性醤油ダレに漬け込みじっくり熟成した。温かいご飯や酒の肴にも最適だという。



大人気「じゃが豚 お徳用」(冷凍)

全国の北海道物産展などで大人気の「じゃが豚」は、じゃがいもから作ったモチモチとした食感の皮に、細切れの豚肉と野菜を入れた惣菜品だ。豚肉は良質な飼料で育った北海道産豚肉、じゃがいも・野菜も北海道産を使用。茹でた「じゃが豚」に付属の特製北海道素材スープを合わせるほか、お鍋の具材や蒸してポン酢を添えても美味。1kg34~36個前後入、特製スープ4袋付。



<参考URL>
株式会社北海道産地直送センター

直営店舗「産直市場」
直営EC店「産地直送センター」
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 蒼井ネコ
    農学系の兼業ライター。某大学農学部、某農業レストラン、某飲料会社商品企画を経て、現在は某マルシェアプリでwebマガジン編集として働きながら、猫様のお世話をしている。
  2. 大坪雅喜
    おおつぼまさのぶ。1973年長崎県佐世保市生まれ。FARM DOI 21代表(農業者)・アグリアーティスト。 早稲田大学第一文学部史学科考古学専修卒業。学生時代に考古学、水中写真、自然農という世界を覗き込む。2006年9月、義父が営む農業の後継者として福岡県大川の地で就農。農業に誇りを持ち、未来には普通となるような農業の仕組みやサービス(カタチ)を創造していくイノベーションを巻き起こしたいと考える。縁のある大切な人たち(家族)と過ごす物心ともに満たされた暮らしの実現こそが農業経営の最終的な目的。現在、佐賀大学大学院 農学研究科 特別の課程 農業版MOT 在籍中。
  3. 柴田真希
    管理栄養士。㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。27年間悩み続けた便秘を3日で治した雑穀や米食の素晴らしさを広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メー カーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなどを手がける。『私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。』(世界文化社)、『はじめての酵素玄米』(キラジェンヌ)など著書多数。
  4. 大城実結
    おおしろ みゆう。フリーランス編集ライター、大城文筆事務所所長。一次産業ほか地域文化、アウトドアなどお天道様系分野を専門に編集・執筆している。自転車で鍛えた脚力を活かし、農家さんのお手伝いをしながらインタビュー取材を積極的に行う。玉掛け免許と床上式操作クレーン免許所持。
  5. 井中優治
    いちゅうゆうじ。株式会社収穫祭ベジプロモーター。福岡県農業大学校卒。オランダで1年農業研修。元広告代理店勤務を経て、新規就農6年目。令和元年5月7日に株式会社収穫祭を創業。主に農業現場の声や九州のイベント情報などを発信している。