愛知のJA賃貸、入居者に12カ月間連続「あいち産農畜産物」を届けるプレゼント企画実施

2019年9月1日〜10月31日にかけて、JA賃貸(JAあいち経済連建設部)は、地域農業の活性化や同団体が取り扱う物件への入居促進を目的に「12カ月連続で、あいちの農畜産物が届く」プレゼント企画を開催すると発表した。キャンペーン期間内に入居契約を結んだ物件成約者の中から、抽選で5名の当選者が決定する。


地域とともに歩むJAを目指して

近年、都市型のJAでは組合員のニーズに応え、農地を賃貸住宅に建て替える土地活用や資産の売却、相続税対策などの資産管理事業を本業に組み込むケースが増えている。中でも、大都市圏を管轄地域とするJAあいち経済連は、賃貸住宅ブランドの「JA賃貸」を展開し、住宅や不動産を手がける総合事業に取り組んできた。

同団体は2019年現在、愛知県内で約27,000戸の賃貸アパートやマンションを運営している。オリジナル賃貸住宅「ジェイ・クルール」や、リノベーション賃貸住宅「ジェイ・リプラン」、特別仕様住宅の「プレミアムハートホーム」などの住まい手目線の商品を開発し、好評を得ているとのこと。

JA賃貸のリノベーション物件

また2019年9月より新たに、JA賃貸ならではの総合性を発揮した取り組みとして、地域農業とのコラボレーション企画「12カ月連続で、あいちの農畜産物が届く」 を実施する。具体的にはキャンペーン期間中、同団体が運営する物件を契約した上でプレゼント企画の抽選に当たると、2020年1月〜12月までの計12回に渡って野菜や肉などが配送されるサービスだ。

そもそも愛知県といえば、工業県として圧倒的な全国シェアを占める一方、中部地方で最大の農業産出額を誇る全国屈指の農業県でもある。今回の企画はJAグループとして、地元愛知県で穫れた農畜産物の美味しさを、JA賃貸の主要顧客であるニューファミリー層に伝えるとともに、食農教育に繋げたい思惑もあるという。

同団体は、今後も「住み続けていく価値」を追求した賃貸ブランドとして事業の活性化を図り、さらに魅力ある住宅やサービスの提供を目指していく。また、農地の有効活用を通じて農家支援の拡充を図るとともに、住宅や不動産を手がける総合事業の強みを生かし、地域農業の維持・拡大を目指す考えだ。

「あいち産農畜産物が12カ月連続で届く」企画概要


実施期間:2019年9月1日〜10月31日
応募資格:上記期間内に、JA賃貸が取り扱う物件の入居契約を結んだ成約者を対象とする。
当選人数:抽選で5名
配送期間:2020年1月〜12月(計12回)
応募方法:キャンペーン応募用紙に必要事項を記入の上、事務局へ郵送する。

<参考URL>
JAあいち経済連
JA賃貸
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 福田浩一
    ふくだこういち。東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。現在は主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。http://www.ijas.co.jp/
  2. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX株式会社を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  3. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  4. さわちん
    2児の父。あるきっかけにより農業のイメージを変えたいと考え、16年間のサラリーマン生活にピリオドを打つことを決意。2020年春、家族で田舎に移住し、新規就農を目指す。自身が「移住×就農のモデルケース」となるために、いろんな方面へ向けて奮闘中。
  5. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。