積水樹脂、農業・林業の課題を解決するプロダクトアイデアを募集 アグリ事業の新製品創出へ

積水樹脂株式会社は、アグリ事業にてオープンイノベーションを活用した「SEKISUI JUSHI NEW AGRI PROJECT」を開始。農業・林業従事者およびその身近な人の「困りごとを解決する」または「積極的に導入したくなる」プロダクトのアイデアを2023年7月30日(日)まで募集している。


農業・林業の課題を解決するアイデアを募集


「SEKISUI JUSHI NEW AGRI PROJECT」は、株式会社A(エイス)と協業し、同社が運営するオンライン共創プラットフォーム「Wemake」を活用して行われる。「Wemake」とは、企業の商品開発・新規事業創出・技術の用途探索に、個人や法人がプロジェクト単位で参画できるプラットフォームだ。

積水樹脂のアグリ事業が対象とする農業・林業などの第一次産業は、大型化・自動化・省人化・IT化が進む一方で高齢化、後継者不足などさまざまな課題を抱えている。

今回、「Wemake」の登録ユーザーに、積水樹脂グループ内だけでは得られない、異業種や異分野の多種多様な視点や知見、アイデアを募集し、農業・林業従事者に向けた安全・安心・快適な暮らしを支えるアグリ事業の新製品・新事業の創出を目指すという。

「SEKISUI JUSHI NEW AGRI PROJECT」の概要


1.募集内容
農業・林業従事者およびその身近な人の「困りごとを解決する」または「積極的に導入したくなる」プロダクト

2.求めること
・既存の製品群がもつ現状機能の、単なる改善改良にすぎないプロダクトでないこと
・農業・林業に従事している、または従事しようとする人が大いに喜ぶ提案であること
・1~2年後には現場に試験導入可能なレベルで具体性と実現可能性を兼ね備えていること
・2030年には事業として20億円程度の売上が期待できる市場性を兼ね備えていること

3.募集期間
2023年5月29日(月)~7月30日(日)

4. 賞金
最優秀賞:100万円
優秀賞:50万円
特別賞:30万円 などを授与

5.プロジェクト説明会
日時:2023年6月8日(木)18:00~20:00
会場:TKP品川グランドセントラルタワーカンファレンスセンター(ホール3B)
住所:東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 3階
オンラインでも同時開催。参加はWemake「SEKISUI JUSHI NEW AGRI PROJECT」ページより申し込み

6.今後のスケジュール(予定)
2023年5月29日(月)~ 7月30日(日)公募
2023年7月31日(月)~ 9月12日(火)評価
2023年9月13日(水)~11月16日(木)改善
2023年12月初旬 最終審査・結果発表


積水樹脂株式会社
https://www.sekisuijushi.co.jp/
Wemake「SEKISUI JUSHI NEW AGRI PROJECT」ページ
https://www.wemake.jp/projects/140
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 加藤拓
    加藤拓
    筑波大学大学院生命環境科学研究科にて博士課程を修了。在学時、火山噴火後に徐々に森が形成されていくにつれて土壌がどうやってできてくるのかについて研究し、修了後は茨城県農業総合センター農業研究所、帯広畜産大学での研究を経て、神戸大学、東京農業大学へ。農業を行う上で土壌をいかに科学的根拠に基づいて持続的に利用できるかに関心を持って研究を行っている。
  2. 槇 紗加
    槇 紗加
    1998年生まれ。日本女子大卒。レモン農家になるため、大学卒業直前に小田原に移住し修行を始める。在学中は、食べチョクなど数社でマーケティングや営業を経験。その経験を活かして、農園のHPを作ったりオンライン販売を強化したりしています。将来は、レモンサワー農園を開きたい。
  3. 沖貴雄
    沖貴雄
    1991年広島県安芸太田町生まれ。広島県立農業技術大学校卒業後、県内外の農家にて研修を受ける。2014年に安芸太田町で就農し2018年から合同会社穴ファームOKIを経営。ほうれんそうを主軸にスイートコーン、白菜、キャベツを生産。記録を分析し効率の良い経営を模索中。食卓にわくわくを地域にウハウハを目指し明るい農園をつくりたい。
  4. 田牧一郎
    田牧一郎
    日本で15年間コメ作りに従事した後、アメリカに移り、精米事業、自分の名前をブランド化したコメを世界に販売。事業売却後、アメリカのコメ農家となる。同時に、種子会社・精米会社・流通業者に、生産・精米技術コンサルティングとして関わり、企業などの依頼で世界12カ国の良質米生産可能産地を訪問調査。現在は、「田牧ファームスジャパン」を設立し、直接播種やIoTを用いた稲作の実践や研究・開発を行っている。
  5. 福田浩一
    福田浩一
    東京農業大学農学部卒。博士(農業経済学)。大学卒業後、全国農業改良普及支援協会に在籍し、普及情報ネットワークの設計・運営、月刊誌「技術と普及」の編集などを担当(元情報部長)。2011年に株式会社日本農業サポート研究所を創業し、海外のICT利用の実証試験や農産物輸出などに関わった。主にスマート農業の実証試験やコンサルなどに携わっている。 HP:http://www.ijas.co.jp/
パックごはん定期便