”使い切れる量だけ農家に頼める”直送サイト「ゴヒイキ」がサービス開始

株式会社Heart Fullは、消費者のリクエスト金額に見合う分だけ旬の食材が提携農家から届くプラットフォーム「ゴヒイキ」を開始した。

届くのはリクエストした金額分だけ


「ゴヒイキ」最大の特長は、自分が欲しい分を購入できるリクエスト方式での注文だ。


700円~10万円の範囲の中で自分で金額を設定し、主婦の方々だけではなく、一人暮らし、独身の方でも使い切れる分だけを購入が可能。食材はすべて農家さん判断で野菜が届くという。

北海道から沖縄まで全国各地の農家さんが揃っているため新鮮で安心安全なオーガニック野菜はもちろんのこと、食べたことのない食材や、スーパーでは買えないような珍しい食材などが食べられるのも「ゴヒイキ」の魅力の一つ。野菜本来のおいしさを体感できる。

「ゴヒイキ」というサービスの始まり

同サービスは、「ゴヒイキ」代表の友人が農業を継ぐという話になった際に「インターネットを使って面白いことをやろう!」と言い始めたことがきっかけだったという。

その後、代表自身も自身の祖母がが作ったプチトマトが、東京のスーパーで購入したものよりも美味しく衝撃を受け、「家庭菜園でもこれだけ美味しいのであれば、まだまだ日本には美味しい野菜を作っているにもかかわらず販売方法が分からず埋もれてしまっている農家は沢山いるんではないか?」、と感じたことにより、「ゴヒイキ」というプラットフォームが誕生した。

最も大事にしているのは、「今が旬の野菜を食べてもらい、同じ野菜でもこんなに味が違うんだということを体感してもらう」こと。そのため食べたい野菜を消費者が決めるのではなく、旬の野菜を農家が決めるという新しい購入方式となったという。

ゴヒイキの購入までの流れ


【STEP.1】購入金額を入力して、リクエストを送信。取引可能な全ての農家に連絡。

【STEP.2】農家から連絡がくる。リストから“いいな”と思った農家を選ぶ。

【STEP.3】選んだ農家と配達希望日などのやりとりし、旬の食材が自宅に届く。



リクエストを送ると承認した農家さんが表示される。


事前にメッセージで内容量や送料について相談も可能だ。

<参考URL >
株式会社Heart Full
SHARE

最新の記事をFacebook・メールで
簡単に読むことが出来ます。

RANKING

WRITER LIST

  1. 中村圭佑
    なかむらけいすけ。明治大学農学部卒業後、日本農薬株式会社に約7年勤務。その後、大手経営コンサルティング会社を経て、FOOD BOX(現在登記準備中)を2019年7月に起業。Facebook:https://www.facebook.com/foodboxjp/、Instagram:https://www.instagram.com/foodbox_jp/
  2. 百花繚乱
    趣味は料理、漫画、読書のミドルの男です。商社勤務で全国や海外を転々しているうちに、故郷に哀愁を覚え、約10年前に地元の農業関連会社にとらばーゆ。
  3. 藤本一志
    ふじもとかずし。大学・大学院の6年間を通して地域づくりと農業の活動に関わる。1年間のサラリーマン生活の後、学生時代から活動していた地域に移住し、2拠点居住を開始する。移住支援を通じた地域づくり活動に取り組む傍ら、兼業農家として稲作に取り組む。
  4. 松橋充悟
    松橋充悟(まつはし じゅうご)北海道十勝在住。高校卒業後にJAに入組。農業に触れていく中で、生産者の求めていることと『スマート農業』の取り組みに乖離を感じ、自分が農薬散布のドローンを活用した防除のプロセスモデルを作れればと思い、転職して農薬散布のドローンを始めました。現場の声を聴きながら協力していただき、ドローンの可能性を広げていきたいと思います。趣味は音楽。
  5. 平沢あや子
    料理家・フードコーディネーター・食育指導士・米粉マイスター 。 広告・雑誌・webなどの料理制作&スタイリング、企業へのレシピ提供、商品開発、メニュープランニングなどを手がける傍ら、自宅にて料理教室を主宰。